風邪薬だった防風通聖散をダイエットに使うのは、「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいなもん?

 若いお客様から目ヤニの相談を受け、痒みは無く急になったとのお話。
 疲労で瞼が垂れて目に刺激を与えている可能性をお話し、『養潤水』を紹介したうえで各種ビタミンが主体の『スマイル40EX』をお買い上げいただいた。
 目ヤニというのは目に入った異物を包んで外に出そうという働きなんだけど、疲れていたり歳を取ってくると瞼が垂れて目に当たり、瞼を異物と誤認して目ヤニを生じることがあるのだ。
 お客様には、末梢神経の修復を手伝い眼精疲労に効果のあるビタミンB12の『ソフトサンティアひとみストレッチ』も紹介した。
 もちろん、目薬の点し方を教えた。

 カップルのお客様が来店し、彼女の方が目がチクチクして目の周囲を押すと痛いというので、モノモライと考えられ『アイサット抗菌目薬』には炎症を抑える薬と角膜の保護成分も入っていることを説明し、お買い上げいただいた。
 目薬の点し方を教えると、「初めて知った」と喜ばれた。
 目ヤニの仕組みがそうであるように、人間の体は異物を外に出そうとするから、目薬も前から後ろから追い出されてしまうのだ。
 目薬を点して瞬きをしてしまうのも、やはり異物が目に入らないようにしている睫毛に持っていかれて薬剤が目に残らなくなってしまう。
 そこで必要なのが、目薬を目に閉じ込めること。
 目薬を点したら静かに目を閉じ、少し下を向く。
 顔を起こしていると目の後ろから鼻腔を通って、やはり薬剤が目に残らない。
 そして目を閉じている時間だけれど、最短でも1分、できれば5分間が望ましい。
 少し下を向いていれば、瞬きをしても睫毛に薬剤が纏わりつくので、力を入れでギュッと閉じていなくても大丈夫。
 スマホで音楽の一曲でも流して、その間は目を閉じてリラックスタイムにするのが良いだろう。
 目から入ってくる情報量というのは多く、目を閉じている時間は脳を休ませるのにも役に立つ。

 夫婦の常連のお客様が来店し『コルゲンコーワトローチ』をレジに持ってきたけれど、消毒系であり抗炎症系のトローチが別にあることを伝えて案内すると、『パブロントローチAZ』に変更となった。
 同じトローチの形をしていても、成分が異なれば効果も違うことを説明した。
 他に『ナイシトール』(防風通聖散)について質問を受け、内臓脂肪が気になるというお話だったものの便秘はしていないというため合わないことを説明し、もし使うのであれば病院を受診して現状を調べてからにしたほうが良いと伝えた。
 『防風通聖散』はその名前が示しているように、もともとは「(ふうじゃ)を防ぐ」という風邪に用いる漢方薬で、体を冷やすことにより便秘を解消するのだけれど、その冷す力に対抗すればエネルギーを消費して内臓脂肪を燃焼する、なんだか「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな使い方なんである。
 ダイエットに目をつけた製薬メーカーは頭良いなと思うけど、相談もせずに使う人は頭が悪いなと思う。(大失言)
 少用量のお試し版があるけれど、あれは効くかどうかではなく、お腹を壊さないかどうか体調が悪くならないかを試す物なので、お気をつけあれ。
 また、本当にダイエットに用いるとなると、3ヶ月は続けないと効果は体感できないから、やはり病院を受診して体質に合うか検討した方が良いだろう。

 常連のお客様から、咳と鼻水の症状があり、発表会で咳を止めたいと相談を受けたので、頭がボーッとしにくく成分的には鼻水にも効果が期待できる『プレコール持続性せき止めカプセル』を勧めて、お買い上げいただいた。
 そして鼻水の対策としては、内臓が冷えていることが考えられるため、積極的に温かい物を飲み、お風呂には確実に入って下半身に厚着をしてお腹周りを冷やさないようにとお話した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート