早めに声をかけると断られ、遅いとお会計しなければならず、ヒアリングのタイミングは難しい

 お客様が、販売期限が迫っていて値引きをしている『エスタックイブFT』を購入されるさいにヒアリングしてみると、患者であるご主人の主訴は鼻水と咳だというから、症状に適応することを伝えた。

 ところがお会計をしてから、既に数日が経っていると分かり、余計な解熱鎮痛剤などが入っていない『パブロンSせき止め』も紹介した。

 長引いているのは、鼻から喉を通して繋がっている胃の不具合の可能性もあることをお話して、消化に良い食事をするよう勧めた。

 ううむ、選ぶ前に声をかけていれば鼻炎薬という選択もあったのだが。

 せめてお会計の前にヒアリングを深められれば良いのだけれど、レジに並んで商品を差し出された段階で、もう買う気になっているためバーコードのスキャンを進めないと、「早くして!」と機嫌を損ねてしまうこともある。

 かといって、あまり早く声をかけて案内を申し出ても断られることが多いからタイミングが難しい。

パブロンSせき止め

 若いお客様が『イソジンうがい薬』をレジに持ってきたさいに、現に喉が痛む場合には刺激性の薬で細胞の再生を邪魔するから避けるようにお話したところ、やはり目的は喉の痛みだというため、抗炎症剤の『パブロンうがい薬AZ』と、同じくアズレン製剤の『アズリートスプレー』を紹介した。

 うがい薬に、殺菌系と抗炎症系の2種類があるのを知らない人は多く、購入時に確認を怠れない。

 患者はご主人だそうなので、喉の痛み方や痛む場所についても確認するよう勧めた。

 人間の体は機械ではないから一概には言えないが、喉の入り口側が痛む場合には侵入するウイルスなどの外敵と戦うために炎症していることが考えられ、喉の奥の方が痛い時には風邪などではなく胃炎や逆流性食道炎という可能性もある。

 そしてその見分けは難しく、胃炎だったら殺菌剤では意味は無いし、異物の侵入を阻止している場合にも体を守る菌ごと殺してしまうから良い事は無いんである。


 子供を連れたお客様が喉の薬の棚を見ていて、『アズリートスプレー』をレジに持ってきたので、喉が痛いようであれば良い選択ですねと伝えたところ興味を示された。

 すると主訴は咳と声枯れというため、患部を冷やす『マードレトローチ』と『龍角散ダイレクト』を紹介したところ、喘息持ちで吸入器も使っていたと分かり、体内が乾燥してる可能性を説明して上半身に保水する『麦門冬湯』を案内すると一緒にお買い上げとなった。

 うちのお店に、『駆風解毒湯』『響声破笛丸』があれば、そちらも紹介したいところだ。

 お客様は入浴はしているそうだから、やはり良いことと伝え、炎症の制御は腸の役目と説明し、患部は冷やしてもお腹は温めるよう勧めた。

 どういう事かというと、体は外敵と戦ったり体が傷ついたりすると、免疫機能を高めるためや、壊れた細胞の修復と不要物の回収のために血流を良くしようと熱を発し、それが炎症として症状に現れるのだが、外敵の侵入や体温の低下などの監視は、第二の脳と呼ばれる腸が担っているのだ。

 例えば発熱したとか、体の何処かが炎症している時に冷たい物を飲んだり、薄着で体が冷えると、体の方は「もっと頑張って炎症しなきゃ」と、より発熱や炎症を強めてしまう。

 そのさいに、水枕や氷水などで「外から冷やす」のは熱の出過ぎを抑えるのに良いのだけれど、中から冷やしてしまうと体は抵抗する方に働いてしまう。

 だから、特にお腹周りは保温した方が良い。

 そういうお話をしてお客様を見送った後になってから、お客様がタバコを吸っているとの情報を途中で得ていたのに、『ダスモック』(清肺湯)を紹介し忘れていることに気がついた。

 まだまだ修行が足りない(´・ω・`)


 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。