経口補水液やスポーツドリンクを美味しく感じない時は、体が欲しがっていないということ

 夫婦のお客様が来店し、『新ルルAゴールドDX』を購入されるさいにヒアリングしたところ、ご主人は咳はあるようなので適応することを伝えたうえで、食事は消化に良い物にして量を控えるよう勧めた。

 お客様が、「風邪をひいた時には栄養を摂った方が良いかと思っていた」というので、それは戦後の食糧難の時代の名残であることをお話しした。

 風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないというのも、あれは各家庭にまだお風呂が無くて、銭湯に行った帰りに湯冷めしてしまうからである。

 お風呂に入れる環境であれば、自分で発熱してエネルギーを消費するより、入浴して温めた方が良い。


 成人の息子さんが発熱して喉の痛みを訴えており、『タイレノール』を頼まれたというので、炎症には弱いことを伝えると、当初に『ロキソニン』を服用し、病院でインフルエンザと診断されたとのことだった。

 どうやらインフルエンザに『ロキソニン』は良くないのをネットで知って、アセトアミノフェン製剤を頼んだようだ。

 しかし息子さんの熱は下がってきているというため、解熱鎮痛剤を使うタイミングは既に過ぎていると考えられるので、体力の回復に『柴胡桂枝湯』を提案すると、そちらを購入された。

 息子さんの食欲は戻ってきているようだが、それはエネルギーを欲しがっている脳が感じていることなので、騙されないようにと伝えた。

 それから、息子さんは『OS-1』を嫌がるというお話があり、熱が下がってきてるのであればすでに不要だし、 『OS-1』の味を美味しく感じられない時は、やはり体が欲していない証拠ですと説明した。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket