市販薬のパッケージに書いて良い内容は規制されているので、見較べているだけでは分かりません

 やや高齢のお客様が外用消炎剤の棚で迷われていたので声をかけたところ、いつもは腰痛に『ロキソニンテープ』を使ってるというため、強さで引けを取らず浸透力のあるジクロフェナクトリウム製剤を案内し、内服薬は使っていないことを確認したうえで『ジクロファインテープ』をお買い上げいただいた。
 お客様には、店員を捕まえて症状を伝えた方が良いことをお話した。
 成分によって鎮痛効果や浸透力が異なり、それでいてパッケージに書いて良い内容は法律で規制されているため、パッケージを見較べているだけでは分からないことが多く、その情報は私たちが持っているので。

 夫婦のお客様が来店し『ルルアタックTR』をレジに持ってきたけれど、患者であるご主人の主訴は鼻炎と微熱で咳は無いというため、鼻炎薬と解熱鎮痛剤の併用を提案した。
 総合風邪薬一つで済ませたいと考えてしまう気持ちは分かるけれど、咳止め成分の副作用を考えると咳が起きていない時には、そのリスクのほうだけが大きくなってしまう。
 『ルルアタックTR』では非麻薬成分になっていて依存性は無いものの、呼吸を浅くして咳を抑えるという作用は麻薬性と変わらないから、身体機能を落とすのは体の抵抗力まで落としてしまう。
 すると家に『アネトンアルメディ鼻炎錠』があると分かったので、効能に熱は書いていないからそれを主訴としては使えないものの、入ってる生薬が微熱の面倒も見てくれることを説明したところ、お帰りになった。
 また、鼻炎は胃の不具合も関係するため、内臓を休めるのを兼ねて消化に良い食事をするよう伝えた。

 女性の親子のお客様から『ルルアタックIBエース』を求められたけれど、うちのお店では取り扱っていないことと『ルルアタックTR』にビタミンB2を足してある程度と説明した。
 ビタミンB2はエネルギーを生産する代謝機能を向上させるとはいえ、よほど日頃から不摂生をしていて極端な栄養失調にでもなっていない限り、特にこだわる必要は無い。
 そして咳が無ければ、総合風邪薬自体が不要とお話して、市販の風邪薬の中では珍しく咳止め成分の入っていない『PL顆粒』を紹介すると、納得されたようでお帰りになった。

 やや高齢のお客様からマスクを求められたが品切れのため用途を尋ねると花粉症とのことだったので、『ワセリン』を棚の穴の入口に塗って花粉に反応しにくくする方法を教えた。
 それから、花粉症は体の防衛機構を担う腸の機能が低下すると、花粉をウイルスなどの敵と誤認して排除しようとして生じる症状なので、温かい物を積極的に飲んだり、入浴をしてお腹を温め下半身に厚着するというように腸の働きを整えると、症状も軽減することをお話した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート