症状に合わない薬を選ばれることもあれば、適応する薬を持っているのに使っていないことも

 夫婦のお客様が来店し、『葛根湯』と『PL顆粒』を購入されるさいに、後者には咳止め成分が入っていないことを伝えると、奥さんは喉が痛むというので、『PL顆粒』は適応しても『葛根湯』の方は合わないことを説明した。
 すると『葛根湯』の方はその奥さんが使うというため、喉の痛み止めに併用できる物として『ペラックT』を紹介すると一緒にお買い上げ頂いた。
 厳密に言えば、『葛根湯』と『ペラックT』の両方に甘草が入っているので、一日の摂取量には注意が必要だから、『ペラックT』の方を先に飲むよう勧めた。
 それに喉の痛みだけなら、やはり『葛根湯』は避けた方が良い。
 上半身を温める『葛根湯』は喉の痛い時に飲むと余計ヒリヒリしてしまうし、咳がある場合はより酷くなるから注意が必要だ。
 鼻水など体が冷えてるときに適応する『葛根湯』は、寒い日に役立つので、家に置いておくよりも持ち歩いて使うと役に立つことを伝えた。

 お客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたけれど、患者であるご主人の主訴は発熱と関節痛であり、咳は無く家に『バファリンA』があるというので、先に使ってみるよう提案した。
 『ルルアタックEX』については置き薬にするとの事で、そのまま購入された。
 使うとすれば、咳が酷くなった場合にとお話した。
 それから、お客様には消化にもエネルギーが必要なので、栄養を摂ろうと無理に食事をするよりは、食欲があっても消化に良い物にして量を控えるようにと伝えた。
 風邪をひいて体を休めるのは、内臓も含めてなんである。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート