お客様に尋ねにくい項目の一つが「予算」なので、先に提示してもらえると助かります

 若いお客様が『ベンザブロックIP』をレジに持ってきたが、主訴は微熱と鼻づまりで咳は無いというため、鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して腫れていることを説明し、解熱鎮痛剤を使うことを提案した。
 効能書きに鼻づまりとは書いていないから、発熱にということになるが、ついでに鼻づまりへの効果も期待できる。
 すると、家には鎮痛剤が無いそうなので、『バファリンルナi』を紹介しつつ、他のアプローチとして熱は出してしまった方が良いから、鼻炎薬を使う方法を提案したところ、『パブロン鼻炎カプセルSα』を購入された。
 実のところ、現代薬は鼻水を止めるために分泌腺を閉めるのは得意なんだけど、炎症を抑えるのは難しいから、鼻づまりとなると生薬の入った『アネトンアルメディ鼻炎錠』の方が向いてるのだけれど、ちょっと価格がお高めなので選ばれなかった。
 お客様には、風邪かなと思った時に体を休めるのは内臓も含めて休めた方が良い事をお話しし、消化に良い食事をするよう勧めた。

 お客様が『新ルルAゴールドS』を手に、同シリーズの中で「パブロンくらい効くのはどれ?」と尋ねられたので、一口にパブロンと言っても鼻炎の症状に振ってある『パブロンSα』と、咳止めと去痰剤をメインに据えている『パブロンSゴールドW』というように、それぞれ方向性が違うことを説明した。
 するとお客様の主訴に咳は無く、起きている症状は喉の痛みと鼻水とのことで、家に『ロキソニン』の他にも何か解熱鎮痛剤があるというため、それを喉の痛みに使い、鼻炎薬との併用を提案すると、あまり予算が無いというので、鼻水は体を温めるだけで治る可能性が高いことをお話すると、購入は取りやめとなった。
 ただ、鼻水は内臓が冷えていることが原因と考えられ、お客様はシャワー派だというため、太い血管が通っている背中側に集中的に浴びることと、積極的に温かい物を飲み、下半身に厚着をするよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート