書いてある文字を読まないのでは、どんな注意書きも意味を成さない

 うちのお店では薬の販売は必ず登録販売者がすることになっているのだが、お客様が『パブロンエースPro』を手に一般用品のレジに行ってしまい、医薬品専用レジに案内すると、レジに札が立っていたからというので、「医薬品をお会計の方人はベルを鳴らして下さい」と書いてあることを伝えると、「読まないよ!」と言われてしまった。
 そんな力いっぱい、書いてある文字を読まないと言われてしまっては、どんな注意書きも意味を成さないじゃないですか(;´д`)トホホ…
 主訴は喉の痛みだけで他に症状は無いというため、イブプロフェンが濃くて咳止め成分も入っている『パブロンエースPro』を使うにはタイミングとして早すぎることをお話しして、『ペラックT』を案内すると変更された。
 炎症してる患部を刺激しないために、喉に優しい食事としてうどんを勧めたところ、渋い顔をされてしまった。
 最初の段階で気分を害してるものね。
 でも、注意書きは読んでほしい……。

 子供を連れたお客様が『ムヒこどもかぜシロップ』を購入されたけど、熱は無いそうで、子供が湿った咳をしていたため体を温めると良いことをお話したところ、夜寝ている時に布団を剥いでしまうというので、起きている間は下半身を厚着させるよう勧めた。
 また、積極的に温かい物を飲ませるのも良いから、牛乳でもココアでもとお話すると「そうなんですか」と感心された。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート