疲れ目は目の周りを温めた方が良い

 お客様が『めぐリズム』のホットアイマスクを購入されるさいに、お湯に浸したタオルでも代用できることを伝えると、やはり目の周りは温めた方が良いのかと訊かれ、目の血管の細さや温めて拡張することで栄養が運ばれやすくなることを説明した。
 主訴は疲れ目で、若いのに睫毛が白くなっていたため腎の機能と関係することをお話し、お腹周りを温めるために腹巻きや二枚履きをと勧めた。
 それから腎を補助する物として、『牛車腎気丸』を紹介した。

 お客様が『五虎湯』を購入されるさいにヒアリングすると、以前にも咳に使ったことがあるということだったが適応については知らないようだったので、夜の激しい咳き込みに向いてることを説明すると合っているようだった。
 喋ろうとしたり食事をする時に息をすると咳が出るような場合には、上半身を潤す『麦門冬湯』の出番となる。
 今回のお客様の咳は、上半身に熱が篭もっている可能性が考えられることをお話して、下半身を入浴などで温めて熱を循環させるよう勧めた。

 額に傷を負って、やや出血しているお客様が閉店作業をしてるところに現れ、ちょっとビックリ。
 患部は水道水で構わないので水洗いして、家に抗生物質の塗り薬があれば使うようお話したところ、ちょうど病院で処方された薬を持ち帰る途中で電柱に頭をぶつけてしまったのだとか(^_^;)
 湿潤療法を知らないようだったため紹介したうえで、普通の絆創膏をお買い上げいただいた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート