家にある薬の相談もどうぞ

 お客様が『パブロンキッズかぜ錠』を購入されるさいに、咳があるか尋ねると主訴は鼻水だけだそうだが、いつも使っているという。

 処方としては咳止めに振ってある薬なので、鼻水の色を確認していただくよう勧め、透明な鼻水だけであれば体を温めることで薬を使わずとも治るかもしれないとお話した。

 特に気をつけなければならないのは、上着は重ね着してても下半身の厚着を忘れがちなので、お腹周りを温めるよう伝えた。


 やや高齢のお客様が『新キャベ2』や『新ルルAゴールドS』と一緒に『五虎湯』を購入されるようなのでヒアリングしたところ、成人の息子さんがいつも咳止めに『五虎湯』を使っているとのこと。

 しかし『五虎湯』が適応するのは、夜寝る時など体が温まって出る咳であることをお話しすると、話そうとしたりして息をすると咳が出るようだというため、体内が乾燥してる可能性を説明して『麦門冬湯』を紹介してみたら変更となった。

 乾燥性の咳は胃炎の可能性も考えられることをお話しすると、自身が飲んでいる『柴胡桂枝湯』を飲ませて良いか尋ねられ、良い方法ですと答えた。

 もっとも、『麦門冬湯』自体が咳止めというより胃薬の処方に近いので、『麦門冬湯』だけで十分だとは思われることを付け加えた。

 お客様自身は『葛根湯』を飲むと胃もたれするというので、もとより『葛根湯』は胃に負担がかかる処方であることを説明し、それこそ代わりに『柴胡桂枝湯』を使うよう勧めた。

 せっかく持っている薬も、使い方を確認してもらわないと宝の持ち腐れになってしまう。

 お客様には、家にある薬についても電話で店に問い合わせていただいて構いませんと伝えた。


 やや高齢のお客様が、腰痛に冷湿布を勧められたというので、医師からなのか尋ねると最初は「そうだ」 という返事だったが、鎮痛効果や浸透力の違いなどで種類があることをお話すると、冷湿布を勧めてきたのは知人で、病院には行っていないと分かった。

 うちの奥さんもそうなんだけど、勢いで返事をされるのは困る。

 結果として嘘になってしまうから。

 悪気は無いんだろうけど(^_^;)

 患部を温めると気持ちが良いそうなので『ハリックス55EX温感』を案内して、お買い上げいただいた。

 お客様には現状を知るために、早めに病院に行くのも検討するようお話した。

以下の記事も読まれています。

 

3 Comments

  • 置き薬なども、箱ごと持って来てご相談いただけるといいですね。

     

  • 北村俊純

    あっ、それイイですね。
    今度、お客様に「薬箱ごとお持ち下さい」と伝えてみます(・∀・)

     

  • 追 薬箱総チェックサービス、母体が薬系のドラッグストアでは、本部マニュアルに無くても許してもらえると思います。他の異業種のドラッグストアとの差別化にもなり、お客様の利益にもなりますね。

     

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!