薬の購入を人に任せていると、本当にマッチングが合っているか分からない

 お客様が雑貨を購入されるさいに、風邪気味で『葛根湯』を使ったものの駄目だったというお話があったので、『麻黄湯』を案内したところ、駄目だったっていうのは症状が改善しなかったのではなく、気持ちが悪くなったとのことだった。

 おそらくは両方に入っている麻黄が、胃に負担をかけてしまったのだろう。

 そこで、胃が弱かったり体力が衰えている場合に用いる『柴胡桂枝湯』を紹介した。

 実のところ私も、『葛根湯』『麻黄湯』を使うと胃が苦しくなるので、もっぱら『柴胡桂枝湯』を使っている。

 ちなみに、『葛根湯』が適さない風邪の症状は、喉の痛みや咳があるときと、発熱してからでは遅いという点。

 要するに、上半身を温めて血流を良くするので、喉の痛みは余計に強まるし、咳は酷くなるし、発熱しているのならもう温める必要は無いから、「温めると具合が悪くなる」症状には合わないと覚えておいて下さい。

 鼻水が出ているときは内臓が冷えていると考えられるため、『葛根湯』が適応します。

 反対に上半身を冷やして治すのが『銀翹散』で、喉の痛みや鼻づまりに向いています。


 お客様が『ストッパ下痢止めEX』をレジに持ってきたさいに、腹痛がある場合には、芍薬の入っている『ストッパエル下痢止めEX』の方が適応することを伝えたところ、ご主人からの頼まれ物だそうで「同じ物を」と言われたけど、どっちを使っていたか覚えていないとのことで、そのまま購入された。

 また、成人の娘さんも一緒に使っているというため、年齢が違えば体の機能も違うはずで、家族だからといって体質が同じとは限らず、症状も同じかどうかは分からないため、同じ薬を使うよりも変えた方が良いこともありますとお話しした。

 薬の購入を人に任せていると、本当にマッチングが合っているかが分からないから、気をつけてもらいたいところ。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket