店頭ではアドリブの能力が試されます、気分は芸人

 お客様が風邪薬の棚を見ているところに声をかけてみると案内は断られ、その後に『PL顆粒』を見ていた。
 総合風邪薬は、どれをどう選んでも必ずと言って良いほど咳止め成分が入っていて、『PL顆粒』は例外的に咳止め成分が入っていない。
 咳が無くて、喉の痛みや鼻炎ならば『PL顆粒』は体への負担も少ない。
 そしてお客様が選ばれたのが『葛根湯』だったので、上半身を温めるから、喉の痛みや咳がある時と発熱には向かないことを説明すると、食前が良いのか尋ねられ、その通りですと答えた。
 人間の会話というのは、時としてこちらがした話とは別な質問が飛んできたりして面白いけど怖い。
 私、アドリブがきかない人間なので。
 お客様には『葛根湯』は早め早めに使うのが効果的なので、家に置いておくよりも持ち歩くように勧め、出先が寒かった時には体を温めるために使うという方法もあることを伝えた。

 お客様から胃薬の棚を訊かれて、売り場を案内すると迷っている様子だったのでヒアリングしたところ、主訴は食べ過ぎとのことだった。
 胃が疲れている場合や、お湯を飲むと楽になる場合に適応することを説明した。
 今回は『新セルベール整胃』を購入され、お客様に胃薬は私たちにとっても鬼門であり選ぶのが難しいことをお話しした。
 そしてお湯を飲むと楽になる場合は胃が冷えたり疲れている時で、水を飲むと楽になる場合には胃炎や逆流性食道炎を起こしている可能性が考えられることを伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート