考えすぎ? 地味に傷つくので聞こえないところでお願いします

 高齢のお客様が風邪薬を次々と見ていたので声をかけたけれど、案内は断られた。
 そして『ルルアタックEX』を選ばれ、購入されるさいに主訴を確認すると、鼻水と少し咳がある程度だというので『ストナ去たんカプセル』で対応する方が体への負担が少ないことを伝えた。
 『ストナ去痰カプセル』に入ってる成分は鼻水の面倒も見てくれるし、咳き込むほどでなければ喉を潤すだけで改善できる。
 お客様の家には鎮痛剤があるそうなので、喉の痛みだけの場合に有効なことを伝えると、「炎症にも効くの?」と質問され、アセトアミノフェン製剤以外であれば効果があることを伝えた。
 アセトアミノフェン製剤は鎮痛効果はあるものの、炎症への効き目は弱いとされているので。

 若い夫婦のお客様から、葉酸を求められたけれど単独ではあまり意味がないことを説明した。
 そしてご主人が『葛根湯』を購入しようとされたので、喉が痛い時や咳がある時、また発熱してからでは適応しないことを伝えると取りやめとなった。
 それから、もし喉が痛み始めたら、すぐに消化の良い食事に切り替えるよう勧めると、お帰りになる時に奥さんから「なんだろうね、あのオジサン」と言われてしまった(;´Д`)
 喉が痛む場合には食事で患部を刺激しないようにすることと、喉の痛みの原因が胃炎の可能性もあるから食事を切り替えた方が良いのだが、そこまで説明しなかったからだろうか。
 それとも、物を売るということに専念しなかったからだろうか。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート