自分の薬は自分で買う、子供の薬は使う子供を連れてきて買う、使う本人がいることが大事

 お客様から『桂枝茯苓丸』について相談を受けたが、最初は「ふくりょうがん」と言っていて分からなかった。
 まあ、漢方薬の漢字の読みは難しいですからね。
 以前に生理痛に使って合ってる感じがするというため、保険の適用薬でもあることを伝え、病院を受診してみることも勧めた。
 生理痛になるのが当たり前と考えて、大病を見逃すのも怖いから、どうせ使うのであれば定期的に受診して処方してもらうほうが良い。
 お客様はシャワー派だそうなので、入浴はしなくても腰回りには重点的にシャワーを浴びるようにお話しした。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から、小学生の子供に使える「吐き気止めの薬を」と求められたので、『柴胡桂枝湯』を案内したが酔い止めのことだった。
 眠くなりにくい物を希望されたため、『センパアQTキッズ』を案内して、お買い上げとなった。
 お客様には、乗車前には温かい食事をして、車中では冷たい飲み物を用意するよう勧めた。
 腸は体温より低い物を受け付けないので、食事を軽い物にしようとヨーグルトとか果物とかにしてしまうと、温まるまで胃に長く取っておくのである。
 だから温かいスープなどにして、さっさと腸に送ってもらい、胃を軽くしておくのが対策の一つ。
 そして乗り物に酔ってしまったら、氷をガンガンに入れた冷たい飲み物を少しずつ口にしていくと良い。
 冷たい物を飲むと胃の働きが悪くなるので、吐こうとする力も弱くなる。
 またコカ・コーラなどの炭酸飲料を飲むという方法もあるのだが、気をつける点はカロリーゼロなどの人工甘味料の入っていない物を選ぶことだ。
 砂糖や果糖の甘味は脳を愉しい気分にさせて気分が悪いのを誤魔化し、炭酸の刺激が吐き気を抑える。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『アットノンジェルEX』を購入されるお客様に使用経験の有無を尋ねると、高校生の子供が以前から使っており、使い切ったので追加とのことだった。
 パッケージを見るとすぐに効果がありそうに思えてしまうが、皮膚の再生は日数がかかるものだ。
 子供は入浴せずにシャワーだけというので、皮膚の材料を運ぶには血流が大事なことを伝えると「入れさせます」というお返事。
 とはいえ、親の言うことを聞かない年代でもあるので念のため、シャワーだけで済ませる場合は首から腰にかけて背中側に浴びるのが血流の改善になることを教えた。
 ホントは、こういう話も本人にヒアリングしたうえでの方が良いんだけどね。
 自分の使う薬は、自分で買いましょう。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート