取り扱っていない薬の代用の選定が大変

 『太田胃散A錠』を手にした高齢のお客様から調胃剤を求められたけれど、市販薬には明確に調胃剤と言えるもの無いことを説明した。

 主訴を尋ねると下痢気味というお話だったので、『ザ・ガード』などの整腸剤を案内した。

 他に、胃の機能低下を助ける物として『六君子湯』と、胃腸炎も想定して『柴胡桂枝湯』を案内したところ後者を試していただくことになった。

 しかしお会計してから、『ストッパ下痢止めEX』を使っていたという話が出て、どうもその下痢気味というのが続いているそうなので受診勧奨した。

 それから、買ったまま使っていない『コンタックかぜEX』が家にあるそうで、使って良いか尋ねられたが今は使わないようお話した。

 相談されなかったけれど、何か風邪のような症状があったのだろうか。

 どうにも話が小出しなものだから、全体像が見えてこない。

 お客様には、重ねて病院を受診するようお願いした。


 高齢の常連のお客様が来店し、長く座ってると足が痺れ、しばらく歩くと楽になると相談された。

 肩こりと同じようなものなので、まずはカイロなどで温めるよう勧めたけれど内服薬を希望されたため、『疎経活血湯』を案内してお買い上げいただいた。

 『』があればそちらが良いのだけれど、本部指示による棚替えで取り扱いが無くなってしまったのが残念。

 お客様からは「いなかったらどうしようかと思った」と言って頂けたが、経営のスリム化で取り扱う薬の品目が少なくなっていって困る。


 DHCの『プロテインダイエット』と、うちの店のプライベートブランドの同製品の違いを尋ねられたので、プライベートブランドの方は信頼性に乏しく味も良くないことをお話した。

 ダイエット目的ではなく栄養補給のためとのことで、味気無いサプリメントよりは飲料の形をしている分だけ、精神面で『プロテインダイエット』を飲むのは良いでしょうと伝えたところ、 DHC の製品をお買い上げいただいた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!