ギックリ腰を避けるためにも「よっこいしょ」は大事です

 高齢で常連のお客様が『アリナミンA』を購入されるさいに、『アリナミンEXプラス』と一緒に服用して良いか質問されたので、問題は無いけれど成分は重なっているためモッタイナイとお話した。

 座ったら立つのが嫌になるくらいだるい時にと思って『アリナミンEXプラス』を買ってあるとのことで、成分が近くて価格が安い『パワーアクトゴールドα』を紹介したところ、「聞けば良かったわね」と言われ、一緒に購入された。

 ありゃん、まだ家に『アリナミンEXプラス』が残っているのでは……。

 常連さんでも、なかなか相談してもらえないのが実情である。

 お客様は姿勢を変えるときに「よっこいしょ」と声に出して恥ずかしがっていたけれど、ギックリ腰を避けるためには発声して自分の体にタイミングを知らせるのは良いことですと伝えた。


 夫婦のお客様が風邪薬の棚を見ていて『ペラックT』なども手にしていたため気にかけていたところ、『ベンザブロックせき止め』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみると、患者は奥さんで、主訴は咳のみ、喉の痛みは無いとのこと。

 そして咳は頻繁に出る訳ではないものの、出ると止まらないというため体内が乾燥してる可能性をお話して、『ブロン錠エース』と『麦門冬湯』を紹介すると後者に変更となった。

 体内が乾燥して出る咳は胃炎との関係も考えられることをお話して、食事に気をつけるよう伝えた。


 やや高齢の常連のお客様が来店し、以前にも相談された運動後の足の痙攣について、過度の運動による疲労や水分補給の不足の可能性をお話した。

 そして『芍薬甘草湯』を紹介すると、知人から「甘草は筋肉を溶かす」と聞かされたという。

 何それ(^_^;)?


 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!