ボラギノールが2種類あるのは知ってる? プリザエースも思い出してあげて下さい

 お客様から「ボラギノールを」と注文されたが、痒み程度の場合に使う『ボラギノールM』と、炎症が強い場合に使う『ボラギノールA』があることを説明したところ、 出血しているというので止血剤の入っている『プリザエース』を勧めてお買い上げいただいた。
 やはり、『ボラギノール』は知名度が高い。
 でも、知名度が高すぎて二種類あることを、ほとんどの人が知らない。
 痔の薬に限ったことではないが、薬を選ぶ時にはブランド名ではなく効能書きでもなく、成分での比較が必要なのだ。
 それを自分で調べるのであれば良いのだけれど、面倒に感じるようなら私たちに尋ねてほしい。
 お客様には他に内服薬として、入手しにくいが『レンシン』を紹介した。
 すると、ネットで見たという民間療法について訊かれ、「お勧めしません」と答えた。
 民間療法で手間と時間とお金を無駄にするよりは、病院を受診してしまった方が安全で確実であり費用には保険が効く。

 外国人の家族連れのお客様が来店し『ボラギノール』を注文されたが、家族に通訳してもらい、痒みに用いる『ボラギノールM』と痛みを感じる時の『ボラギノールA』があることを説明したところ、主訴は出血というので止血剤の入った『プリザエース』を案内し、お買い上げいただいた。
 やはりシャワーのみというため、壊れた部分の材料は血液で運ばれるので血流が大事と説明し、シャワーを腰に浴びることとか半身を厚着すること、そして温かい物を積極的に飲むように勧めた。
 お帰りになるさいに、ご家族の一人が日本語で「一生懸命に教えてくれたね」と聞こえて、ついニンマリしてしまった。
 傍から見たら、キモチワルイかもしれない(^_^;)

 常連のお客様が来店し、ご主人が発熱しているとのことで『ゼナジンジャー』を飲ませて良いか訊かれ、いったんは「適応します」と答えたものの、食欲が落ちていて胃腸炎かもと言われたため『新ヒストミンゴールド』の方を勧めて変更となった。

 常連のお客様からゲップが出そうで出ないと相談を受け、『パンシロンキュア』と『アヴァロン』を紹介したうえで、上がってくる物を下ろすという意味の名前がついている『半夏瀉心湯』を勧めて、お買い上げいただいた。
 即効性を心配されたけれど、風邪には『葛根湯』を使うように、『半夏瀉心湯』もまた急性症状に用いることを説明した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート