喉が痛くなったら、すぐ消化の良い食事に切り替えを

 お客様からイソジンのうがい薬を求められたが、明け方に喉がイガイガするというお話だったので体内が乾燥してる可能性を伝えて『麦門冬湯』を紹介したところ試していただくことになった。

 胃炎も考えられることを伝えると、どうやら思い当たるようだ。

 お客様から『リポビタンゴールドX』と『エスカップ』の違いを訊くかれ、基本はタウリンで同じものの前者にはマムシの皮の反鼻(はんぴ)や「山のうなぎ」とも呼ばれる山薬(さんやく)などが入った医薬品であることを説明した。

 またドリンク剤は瞬発力を発揮する物と持続力を補うものがあり、今回のドリンク剤でいえば『エスカップ』の方が瞬発力を発揮する物で、『リポビタンゴールドX』は瞬発力と持続力を兼ね備えていると言える。

 ただ、そもそもタウリンは体内にも存在し、イカなどから補給することもできるので、あまりドリンク剤で摂取する必要は無いようにも思える。

 今回は、『リポビタンゴールドX』をお買い上げいただいた。

 『のどぬーるスプレー』を持ってきたお客様に主訴を尋ねると、喉の痛みと乾燥感があるというため、抗炎症剤の入った『アズリートのどスプレー』の方を案内し変更となった。

 胃炎の可能性もお話すると思い当たるようなので、喉が痛くなったら消化に良い食事をするよう伝えた。

 『パブロンSα』をレジに持ってきたお客様に主訴を尋ねると、患者はご主人で喉の痛みだけということから、喉の痛みへの効果は弱いため、風邪薬としては『パブロンエースPro』と『ルルアタックEX』と『エスタックTT』を案内した。

 そのうえで体力を温存するために喉の痛みに絞った『ペラックT』や『駆風解毒湯』なども提案してみたけれど、風邪薬を頼まれたとのことで『ルルアタックEX』を購入された。

 喉の痛みが即風邪とは限らないため、喉の炎症を抑えるのには消化に良い食事をするようお話した。

 なにしろ食べ物が、炎症している喉をこすることになるので。





以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!