誰かのために薬を買うときには本人へのヒアリングを忘れずに

 お客様が『エスタックイブFT』をレジに持ってきたのだけれど、患者はご主人で発熱と疲労があり、すでに3日ほど経過していて、昼間は一旦熱が下がるものの夜にまた上がるという。
 風邪としては後期に入っていると考えられるため、解熱剤は体力を消耗してしまうと説明して『柴胡桂枝湯』を勧め変更となった。
 食欲が無いのでドリンクゼリーで過ごしていると言われ、それは良い対応ですと伝えたうえで、体を休めるというのは内臓も含めて休める意味でもあることをお話した。

 『新コンタックかぜEX』をレジに持ってきたお客様から、のど飴を求められたため喉の痛み方について尋ねてみたが、患者はご主人で詳しく聞いてきていないとのこと。
 一口にのど飴と言っても、それは剤形が飴の形をしているだけのことで、成分によって消毒系と抗炎症系、さらに冷却型や気道開放型などがあることを説明したのだけれど、興味無さげだったため病院で喉の痛みに処方されるトラネキサム酸の入った『ペラックT』を紹介した。
 すると、同じく病院で処方されることもあるアズレン製剤の『パブロントローチAZ』をお買い上げいただくことになり、風邪薬を服用する前に使ってみて様子を見るよう勧めた。
 喉の奥が痛む場合には胃炎の可能性があることも伝えてみたのだけれど、私の説明に興味が無いのか、ご主人に関心が無いのか……。
 ご主人の代わりに買いに来ているのだから、後者ということは無いはず……(^_^;)

 成人の息子さんが喉の痛みと鼻づまりと咳を訴えているとの相談を受け、『ルルアタックEX』と『パブロンエースAX』を候補にしたところ、明日も仕事を休めないというので、解熱剤や咳止め成分による疲労を回避するために、『銀翹散』も紹介した。
 現代薬にノンカフェインの『新ヒストミンゴールド液』を併用する方法も提案し、今回は喉の痛みを主軸に『ルルアタック EX』の購入を決められた。
 一緒にのど飴を求められ、気休め程度の指定部外品にするか効能が期待できる医薬品にするかお話して、今回は『ルルアタックEX』があることから『ヴィックスドロップ』をお買い上げいただいた。
 息子さんには消化に良い食事を勧めたのだけれど、すでにうどんに飽きてカツ丼を食べたがっているというので、内臓を休める重要性から量を控えるよう伝えて、後は本人の判断ですねとお話した。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!