買う薬が症状に合っていると分かっていても、再確認をお願いします

 『太田漢方胃腸薬II』を手にしたお客様から、ストレス性の胃の不調の相談を受け、『大正漢方胃腸薬』を基本に『大正漢方胃腸薬アクティブ』も交えて説明をした。
 この中では一番メジャーな『大正漢方胃腸薬』は、特に内臓の疲れに向いていて、胃を安らかにする『安中散』と、こむら返りや下痢を伴わない腹痛の原因となる筋肉の痙攣を抑える『芍薬甘草湯』を合わせた処方。
 そこから『芍薬甘草湯』を抜いて、水分代謝を改善する茯苓を加えたのが『太田漢方胃腸薬II』で、ストレス性の胃の不具合に適応するのだけれど、同じストレスでも「起きていないことを思い悩む」ような内面のストレス寄りに向いている。
 そして、『芍薬甘草湯』『四逆散』と入れ替えたのが『大正漢方胃腸薬アクティブ』で、四逆とは手足の冷えを表し、人からガミガミ怒られるといった外因によるストレスで血管が収縮するような場合の胃の不具合に用いる。
 でも、現代においては非常に有用な処方の薬なのに、いまいちメジャーになりきれず終売が決まっている。
 『安中散』『四逆散』を一緒に服用すれば同じとはいえ、それぞれ単独の漢方薬を取り扱ってる店は少ないから、これからどうするべきか途方に暮れる……(´・ω・`)
 お客様は、内面のストレスと水分代謝の異常が思い当たるようなので、適応することをお話して、そのままお買い上げいただいた。
 私は失念していたのだけど、以前に喉の相談を受けて『銀翹散』を勧めたところ効いたそうで、私の勤務時間に合わせて来店して下さったそうだ。
 大変、ありがたい。
 でも、ハードルが上がる(;^ω^)

 高齢の二人組のお客様が来店し、以前に使っていた薬が「製造中止になったから、同じような物を」と注文されメモを見せてもらうと、市販薬ではなくケトプロフェン製剤のクリームだった。
 主訴は肩の痛みとのことで、医師からどんな診断をされたのかは覚えておらず、他に血管拡張型の降圧剤と何か別の薬も処方されているのに、お薬手帳を持ってきていないというため、ジクロフェナクトリウム製剤を避けたけれど痛みは強いというためインドメタシン製剤の『バンテリンクリームEX』を案内した。
 とはいえ、こういう市販薬の買い方は好ましくないから、先に調剤薬局に相談するよう勧めると驚かれた。
 始めから販売を断るという対応の仕方もあるものの、それで他のお店に行って、今度は店員に何も相談なせずに自分で選んで薬を買われても危ないので、一応の商品の案内をしている次第。
 今回は、『バンテリンクリームEX』を購入されたので、成分表示をお薬手帳に貼って医師に報告するようお願いした。
 お客様からは、「お手間かけまして」と言っていただけた。
 そして、お薬手帳は普段から持ち歩けば出先で事故に遭った場合の救命処置に役立つし、災害で避難したときには医師の診察を受けなくても薬を受け取れる特例措置があることを伝えた。
 もちろん、こうして市販薬を購入する場合にも必要なんである。

 若い夫婦のお客様が来店し、旦那さんが『メンソレータムAD』を手に取って、奥さんが持ってる買い物カゴにヒョイと入れて何処かに消えていった。
 そして奥さんがレジに持ってきたさいに、症状を尋ねると「分かりません」というお返事だった。
 そのまま購入されたけれど、症状と合っているか確認するよう勧めた。
 旦那さんの方も、お菓子を母親のカゴにコッソリ入れるんじゃないんだから、最後までお会計に立ち会ってほしい( ´Д`)=3

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート