咳をするリスクと咳止め薬のリスクを天秤にかけたいのに、咳が無いんじゃ天秤にかけようもない

 お客様が『コルゲンコーワIB錠TXα』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みと関節痛で、「いつも使ってる」という理由だったため、咳は無いことから咳止めのリスクをお話した。
 咳止めの成分には2つの系統があり、神経を興奮させて喉を拡張し呼吸をしやすくする覚醒剤系と、反対に神経を抑制して異物を排除しようとする機能を低下させる麻薬系。
 非麻薬系の成分もあるけれど、身体機能を低下させるというやり方は同じである。
 覚醒剤系のリスクは依存性もさることながら、治ってなくても元気になったと錯覚してしまうこと。
 治ったと思って体に無理をさせると、症状がぶり返す原因ともなる。
 麻薬系の方も依存性が心配だし、なにしろリスクのほうが多岐にわたる。
 身体機能を低下させるから、心臓の鼓動を少なくし、胃腸の消化も悪くして、体内の保水機能を狂わせて乾燥させるため便秘を招き、そもそも咳を誘発する。
 つまり、咳止めの副作用が咳でもあるのだ。
 また、気力を萎えさせてしまうため、薬の影響で体がだるくなってるのか、風邪をひいてだるいのかの見分けがつきにくくなる。
 そのうえ免疫機能も落ちるから、本格的な風邪に進行したり、肺炎を起こす可能性も高まる。
 勘違いしてはいけないのは、咳のし過ぎにも当然リスクがあって、咳の口腔内での風速は大型台風並みで通り道の細胞を傷つけ、体力の消耗も長距離マラソンを走り続けるようなものとなるから、咳が激しいのであれば薬で抑えたほうが良い。
 要は、咳のリスクと薬のリスクを天秤にかけて、咳止めを使うかどうかを判断する。
 なのに、咳が無いのに咳止めの入った総合風邪薬を使うということは、天秤は薬を使うリスクの方にだけ偏ってしまうことになり、良いことは一つも無い。
 お客様には鎮痛剤を提案し、明日には病院に行くとのことから単味剤の『イブ』を勧めて、そちらをお買い上げいただいた。
 似たパッケージの『イブA』だと、鎮静剤が加わっていて、後から病院で処方される薬によっては、その効果を減じてしまう可能性が考えられる。
 というのも、鎮静剤もまた身体機能を低下させる作用があるから、体が治ろうとするのを邪魔することになるからだ。
 夕飯は奥さんが作るとのことでメニュー分からないようだったが、喉への刺激を避けるためには、やはり消化に良い食事をと言うと苦笑いされてしまった。
 うーむ、奥さんには言いにくい?

 お客様が『新ルルA錠』をレジに持ってきたけれど、咳は無く、喉の痛みだけというため鎮痛剤を提案した。
 それでも風邪薬を選びたそうだったので、咳止め成分のリスクをお話すると『バファリンルナi』に変更となった。
 柔らかい食事を勧めるとキョトンとされたので、患部を食べ物が擦るのも良くないと伝えた。

 家族連れの成人のお客様が風邪薬の棚を見ていて、どれが良いか母親に尋ね、鼻の症状を推してる風邪薬の『ルルアタックNX』をレジに持ってきたためヒアリングしてみると、本人は喉の痛みの他に咳があるというものの普通にお話が出来ている程度だったから、鼻炎薬を提案し母親も同意したため『鼻炎薬Aクニヒロ』に変更となった。
 ふーむ、母親頼りなのか(・_・)?
 一応は、咳き込んだ時の咳の音を尋ねてみたけれど、よく分からないようだったが、鼻水は体が冷えてる可能性があるから、温かい物を積極的に飲食するよう勧めて入浴の有無を確認したら、シャワーで過ごしているというので、太い血管の通ってる背中側に集中的に浴びる方法を教えた。
 髪や体を洗っている間も背中側にシャワーを浴びれば、けっこう温まる。
 でもやっぱり、入れるのなら湯船に入ってしまったほうが解決には近道。

 お客様が『エスタックイブファインEX』をレジに持ってきたけれど、患者である旦那さんの主訴は喉の痛みで、咳は無く、家に『バファリンA』があるというため、効能に咽頭痛も入ってることを説明し先に使ってみるよう提案したところ、キャンセルとなった。
 字が細かいから効能書きを全て見ていないのか、それとも「咽頭痛」という書き方が「喉の痛み」と気づかせにくいのか。
 製薬メーカーも、パッケージに風邪薬のときのように頭痛や生理痛と並べて「のどの痛み」と書いてくれれば良いのにな。
 お客様には、患部を刺激しないためと、炎症したい理由が体にはあるので、柔らかく温かい食事をするよう勧めた。
 喉が炎症しているときに冷たい物を飲むと気持ちは良いけれど、体の方は炎症させることによってウイルスなどと戦ったり、血流で患部を修復する材料を運んだりしたいから、冷すと抵抗しようとして余計に炎症を強めてしまう。
 だから、しっかり入浴して下半身に厚着をすることで、体に無理に炎症しなくても良いんだよと教えてあげるのも効果的。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート