咳が長引く原因が咳止め薬というコトも! 使った咳止めの情報が重要です

お客様が『パブロンSせき止め』と『のどぬーるスプレー』を持ってきたけれど、主訴は咳のみで、病院から処方された咳止めが終わったからとの理由だった。

処方された薬をお客様が憶えておらず、種類によっては咳止めの薬が咳の原因にもなり得ることを説明した。

中枢神経を抑制するタイプの咳止めだと、体内の保水機能が乱れて乾燥してしまい、続けているとかえって咳を誘発してしまう。

『パブロンSせき止め』にも、そういった咳止め成分が入っているうえ、この製品は咳止めに咳止めと咳止めの成分を重ねており、胃の機能も低下させるから、よほど咳き込むときでなければ使う必要が無い。

それに、『のどぬーるスプレー』の殺菌成分は刺激物でもあるため、余計に喉を荒らしてしまう。

すると、お客様がした咳の音が湿っていたため、内臓が冷えている可能性をお話して『カンポアズマ』と、のどのスプレーには抗炎症成分のアズレン製剤を提案し変更となった。

お薬手帳は出先で事故に遭った場合にも必要とお話して、病院に行かないときにも普段から持ち歩くようお願いした。

風邪程度でしか病院に行ったことが無いからと持ち歩かない人がいるけれど、医療者がお薬手帳を見れば循環器系の疾患の治療を受けていないといった判断ができ、緊急時の救命率にも関わるんである。

反対に基礎疾患があって薬を切らせられない人なら、お薬手帳を持っていれば大規模災害が起きて避難生活になった場合にも特例として、医師の診察を受けずとも薬を受け取ることができる。

夫婦のお客様が来店し、『のどぬーるスプレー』の他に風邪薬の棚を見ていて、アズレン製剤の『アズリートスプレー』を購入された。

患者である奥さんの喉の痛みに使うというので、「良い選択です」と伝えると、選んだのは偶然だった模様。

患部の炎症を強めないようにするためには、患部を炎症させて治したい体に無理に炎症させる必要が無いことを教えるために、温かい物を飲食するよう勧めた。

また、患部を食べ物で擦らないことも大事なので、噛まないで済む食事をするよう勧めた。

お客様が『パブロンせき止め液』をレジに持ってきたけれど、咳があるという高校生の子供は他の売り場に行ってしまい行方不明になっているため、咳が激しいのか尋ねると、「急いでるんです!」と怒鳴られたので、お会計を進めた。

金銭のやり取りをしながら、咳が長く続いているようだと咳止め成分がかえって咳の原因となってしまうので注意するよう伝えて商品を引き渡したところ、「買う前に言ってよ! 返品します!!」と言われたので、「それが良いと思います」と答えた。

しながら返金処理にも時間を要するので、作業をしながら、いつ頃から咳があるのかを尋ねたが、「覚えていません!」と怒鳴られ病院の受診を勧めると無言で立ち去り、他の売り場に行っていた子供を叫んで呼び寄せて、お帰りになった。

患者本人である子供を連れて来てくれれば、話も早かったろうに。

そして、自分が使う薬を選ばせてもらえない子供が不憫だと思うのは私の勝手か。

パブロンせき止め液

お客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたけれど、主訴は咳と体のだるさで、同じ薬を使い切っていたので追加を買いに来たとのお話だった。

しかし今は咳だけが残ったというので、中枢神経を抑制する咳止め成分でも体がだるくなることと、同様に体内の保水機能が来るって体内が乾燥し、咳止めの成分が咳の原因ともなることを説明した。

そして、患部を潤すために現代薬の『ストナ去たんカプセル』と漢方薬の『麦門冬湯』を提案したところ、後者に変更となった。

咳が残ってるのは他に、体内に熱が残っていてそれで乾燥している可能性も考えられ、胃炎を起こしていることも考慮し、食事は温かくて胃に優しい物をと勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート