女性は排尿後の拭き取り方に注意! 店頭ではお話しにくいのでココで

お客様が『ボーコレン』(五淋散)を購入されるさいにヒアリングしたところ、他のお店の薬剤師さんから勧められたとのこと。

どうして、そのお店で買わなかったのかは分からない。

置いていないけど紹介だけしたのか、それとも品切れだったのか。

あるいは、お客様が相談はしたけど迷ったのか。

念のため、『猪苓湯』『竜胆瀉肝湯』を交えての使い分けを説明し、他に『腎仙散』も案内した。

いかにも膀胱炎に効きそうな名前の『ボーコレン』だけど、適応するのは疲労が思い当たる場合。

お客様は疲労感はあるというため、適応すると伝えたうえで、前に効いた薬が次も効くとは限らないので、そのつど検討するようにお話した。

その薬剤師さんからは他の薬のことは知らされなかったそうだけれど、商品名から効そうな薬を案内したから、効くと思って使う薬は効くことを期待して、あえて言わなかったということも考えられる。

漢方的には、生薬の種類が少ないほどシャープに効くという考え方があり、そこからすると『猪苓湯』が一番効果的と云えるし、病院でも処方されることが多い。

一方、『竜胆瀉肝湯』は排尿時に灼熱感があり、体力が充実している人向け。

漢方薬と勘違いされやすい『腎仙散』は民間薬の一種で、生薬の種類がやたらと多いため、広く浅く効くと考えられる。

あっ、そうそう。

話の流れと、女性のお客様には言い出しにくくて伝えられなかったのだけれど、排尿後の陰部の拭き取りには気をつけてもらいたい。

トイレットペーパーなどで拭き取る動作をすると、原因菌を広げてしまい、それが膀胱炎の原因となったり持続させてしまったりする。

叩くようにして紙に染み込ませるのが、陰部を清潔に保つ方法である。

女の子のお子さんがいる家庭では、本人に教えてあげて下さいな。

ホント、店頭ではこの話を切り出しにくいもので(;´Д`)

やや高齢のお客様から、頻尿に『ユリナールb』を求められたけれど、患者はご主人で、テレビか何かで見たらしく、適応するのは体力の弱い人や食欲が落ちている人と説明し、一般的には『八味地黄丸』がファーストチョイスになる物として紹介した。

お客様がご主人に電話をして直接ヒアリングさせてもらったところ、疲労倦怠感や胃腸が弱っているということも無いようなので、『ユリナールb』は適応しない可能性が高いことを説明し、『八味地黄丸』の『ベルアベトン』を試していただくことになった。

また念のため、食欲はあっても疲労を感じる場合の『サモンエース』(知柏地黄丸)も紹介した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート