病院のかかり方と、お薬手帳の重要性を伝えたい

 高齢のお客様から『OS-1』を求められ会計時にヒアリングすると、娘夫婦からの頼まれ物だそうで『ポカリスエット』も買ってあるとのことだった。
 『OS-1』は他の経口補水液と較べても内容が異なるため、症状の起きていないときや過剰摂取には気をつけなければならないのだが、病院で胃腸炎と診断されているそうだから、その点では大丈夫そう。
 何か薬が処方されていたようだったが、もし市販薬が必要になった場合にはと、『柴胡桂枝湯』を紹介した。
 お客様は急いでる様子だったので、引き留めたことを謝った。

 高齢のお客様から『ナットウキナーゼ』を求められ売り場を案内したうえで、そう必要な物ではないことを伝えると、記憶力に効果があるとされているサプリメントの『イチョウ葉』にも興味があるようだったため、漢方薬の『オンジ』を紹介すると、そちらを購入された。
 『オンジ』は漢字で「遠志」と書いて、記憶力を保つ効能が確かめられている。
 ただし、認知症には効かないので注意が必要である。
 発売当初には、そこを勘違いしているらしき新聞記事を見かけたので。
 お客様には他に、病院のかかり方やお薬手帳の重要性などお話すると喜んでもらえたようだった。
 病院にかかった時には、事前に医師に尋ねてみようと思ったことも医師と対面した途端に忘れてしまったり、言い出せなかったりしがちなので、事前にメモをしておいた方が良い。
 また、生活スタイルや家の環境などは疾患の原因を探ったり治療の参考になるのに、医師の側もプライベートな質問は踏み込みづらいから、患者の側から情報を出すことが重要である。
 お薬手帳は、病院に行くときだけ持っていくという人が多いけれど、出先で事故に遭って気を失っている場合、救命処置の大事な情報源となる。
 たいした病気にかかったことが無いという場合も、そういう「重大な基礎疾患が無い」ということ自体が重要な情報なので、普段から持ち歩くのは自分の命を守る手段でもあるのだ。
 また、大規模災害により家に帰れないまま避難した場合、特例として医師の診察を受けずに薬を処方してもらうことが可能で、持病の薬なら救援物資に加えてもらうよう依頼もできる。

遠志

 お客様から『フェイタスZαクリーム』を求められたけれど、うちのお店には置いていないため、同じジクロフェナクトリウム製剤のゲル剤を案内すると、そちらをお買い上げいただけた。
 主訴はスポーツによる腰痛とのことで、痛みが弱まったら薬も弱い物にステップダウンしていくのが、体への負担が少ないことをお話した。
 強い薬で良く効くからと、長く使い続けると副作用の影響が心配になる。

フェイタス Zαジクサスゲル

 お客様が『エスタックイブファインEX』をレジに持ってきたさいに、鼻水の面倒見てくれる風邪薬であるものの咳止めがメインであることをお話したところ、主訴は鼻水と咳だというので『パブロンSせき止め』を紹介した。
 すると、咳は大したことがないと分かったため、鼻炎薬の『新コンタック600プラス』を勧めると変更となった。
 鼻水は内臓の冷えが原因と考えられ、体内を温める工夫をすれば改善する可能性が高いことを伝えた。
 積極的な温かい物を飲み、入浴で決め環境であれば入り、シャワーで済ませる場合には太い血管のある背中側に浴びて、お腹周りを冷やさないよう下半身に厚着をするというように、できることを重ねていく。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート