風邪は、「胃からの影響」も「胃への影響」もあります

 いつも『新ルルAゴールドS』を購入される、やや高齢の常連のお客様から、「風邪と胃は関係あるか」と尋ねられ、胃を悪くすれば体の抵抗力が落ちて、発熱や咳などは内臓の炎症を引き起こすので関係あります、と説明した。
 また、『キャベジンコーワα』や『太田胃散』などの胃薬は風邪薬との組み合わせが良くないこともあると伝えると、 『スクラート胃腸薬S』を買ったとのことだったが、それは大丈夫と答えた。
 無印の『スクラート胃腸薬』の方は、風邪薬の効き目を落としてしまうかもしれない。
 ただ、薬を併用するときはもちろん単独でも、症状に合わせて選んだ方が良いから相談してもらいたいところ。

 お客様が『新ルルAゴールドDX』をレジに持ってきたさいに、喉の痛みがあるのか確認すると『新ルルAゴールドS』と『新ルルAゴールドDX』も同じ中身だと思っていたという。
 常備薬にするとのことで、それほど強い薬でなくても良いというため、『新ルルA錠S』に変更となった。
 ただ、いずれにしろ総合風邪薬は咳が出てから使うようにして、喉の痛みや発熱だけならば鎮痛薬を、鼻の症状だけなら鼻炎薬をというように、薬は症状に合わせて使うのが体への負担が少ないですと伝えた。
 特に喉の痛みだけでは風邪とは限らず胃炎の可能性もあるため、早々に食事を消化の良いものに切り替えた方が良いと伝えた。
 鼻炎についても胃との関係が深く、鼻水鼻づまりが起きている時には、やはり食事を胃に優しい物にすると症状を軽減するのに役に立つ。
 風邪というのは喉から鼻にかけての「上気道炎」だから、その下側につながっている「胃からの影響」はもちろん、その逆に「胃への影響」もあるのだ。
 今回は情報量を増やしすぎると、お客様を混乱させてしまうかもしれないし、引き止める時間が長くなって不満に思われてしまう危険もあるので、鼻炎については触れなかった。
 お客様の方から相談された場合なら、もっと系統立てたお話もできるんだけど。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート