お客様の要望にプラスαを乗せたいと思っています

 お客様から『エスタックイブファインEX』がどうして値引きになってるのか尋ねられ、販売期間の期限が迫っているからと説明したうえで症状をヒアリングしたところ、ご主人が喉の痛みと少し咳があって鼻炎の症状もあるというため、『ベンザブロックせき止め』を提案したが、風邪だと言い切られてしまった。

 あまり知られてないけど、咳止めの薬は鼻炎にも効果があるので、発熱がないのであれば総合風邪薬に行かなくても良いのに。

 そう思ってさらに訊いていみると、家に『ロキソニン』があるということが分かり、鼻炎薬との併用を提案して『ロートアルガードクイックチュアブル』を案内したところ、そちらをお買い上げ頂いた。

 薬というのは100%効く物ではなく、それでいて副作用は心配だから、少しでも勝率を上げたい。


 お客様から『オブラート』を求められ、発熱して病院で処方された薬が漢方薬だからとのことだったが、『麦門冬湯』だというので、味は甘めなことを説明した。

 よく言われる漢方薬の不味い味というのは辛味成分や苦み成分の入った『葛根湯』などのことで、生薬構成によっては甘味を感じる物もあるのだ。

 それでも飲みにくければ、味噌汁に混ぜても大丈夫とお話ししたうえで、お買い上げいただいた。

 『麦門冬湯』が処方されるということは胃が弱っている可能性もあるので、胃に優しい食事をするよう伝えた。

 乾燥性の咳止めに用いる『麦門冬湯』の処方構成は胃薬に近く、胃の不具合を解消すれば咳も治まると考えられるのだ。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket