薬を併用することによって起こる問題は、症状の悪化だけではありません

 お客様が『キャベジンコーワα』を購入されるさいに、花粉症の薬との併用に気をつけるよう伝えたところ、病院で何か処方されてるというため、『キャベジンコーワα』の成分表示をおくすり手帳に貼って一元管理するよう勧めた。

 お客様は逆流性食道炎と診断されたことがあるそうで、胃薬は他の薬とも影響し合うことが多いため、調剤している薬剤師さんや担当医に相談するようにお話しした。

 今回の件でいえば、『キャベジンコーワα』が花粉症の薬の効き目を落としてしまう可能性が考えられる。

 薬を併用することによる問題というと、症状が悪化することだけを考えがちだが、薬の効果を落としてしまう他にも、検査の数値だけを良くして病気を見逃してしまうケースなどもあるから、まずは店頭で相談するのを忘れないでもらいたいところ。


 やや高齢のお客様が『大正漢方胃腸薬』を購入されて、特にこだわりがある訳ではなく、他の物を知らないというため、胃炎に用いる『半夏瀉心湯』や、胃の疲労に適応する『ギャクリア』(六君子湯)を紹介し、使い分けとして水とお湯のどちらを飲んで楽になるのかを参考にする方法を教えた。

 水を飲んで楽になるようならば胃炎を起こしてる可能性が高いから『半夏瀉心湯』が向いているし、お湯を飲んで楽になるとすれば胃が冷えているか疲労していると考えられるため、『安中散』の『大正漢方胃腸薬』や、『六君子湯』が候補となる。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket