患者さんに寄り添うことの難しさ、伝えることの難しさ

 レジに『パブロンSα』を持ってきたお客様に症状を尋ねてみると主訴はだるさで、他にハッキリした症状は無く食欲はあるというため、体を温めて血流を良くする『葛根湯』を提案するとともに、身体の下支えをする『柴胡桂枝湯』も紹介してみた。

 しかし今度は、販売期限が迫っていて値引きになっている『エスタック総合感冒』が目に付いたらしく、そちらを買っていかれた。

 発熱も頭痛も無ければ咳も出ておらず鼻炎でもないのに、どうして総合風邪薬を使おうと思うのか理解できない。

 患者さんに寄り添った考え方をするのって、難しい……(´・ω・`)

 お客様には、食欲は脳が感じているだけだから、食べ過ぎないようにお話しした。

 体がだるいということは疲労はあるはずで、食べた物を消化して吸収するのにもエネルギーを使うため、内臓を休めることが必要なのだ。


 若いカップルのお客様が来店し、彼女が皹(あかぎれ)とのことだったので『ヒビケア』と『ヒビエイド』を案内し、処方はそれほど変わらないからブランド名でも価格でも好きな方で選んで良いとお話ししたところ、前者を購入された。

 他に2人とも入浴後に体が痒くなるというので、初めにぬるめのお湯が入ってから追い焚きをするよう勧め、シャワーで済ませる場合には太い血管と神経が通っている背中側に重点的に浴びる方法を教えた。

 また皹の養生として、お湯を入れた湯のみを手で握って、指先の細い血管の血流を良くする方法も伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket