口唇ヘルペスの市販薬は「再発治療薬」なので、以前に受診して確定していないと買えない?

 お客様が『ベンザブロックL』を見ているところに声をかけてみたところ、主訴は喉の痛みで咳は無く、家に『イブ』があるというため、そちらを先に使ったうえでの『ペラックT』との併用を提案した。
 しかし、「風邪薬にしたい」というので『ペラックT』の主成分であるトラネキサム酸が入っている『ルルアタックEX』を案内し、お買い上げいただいた。
 実のところ、咳が無い時には咳止め成分の入った総合風邪薬は、かえって体力を落として風邪を進行させてしまう可能性もあるので、私としては避けてもらいたかったところ。
 しかもお客様は、『ルルアタックFX』も気になる様子だったが、それこそ処方内容が適していないことをお話しした。
 そして患部である喉を刺激しないために、噛まないで済む食事をするように勧めた。

 外国人の若いお客様から、口唇ヘルペスの薬を求められたけれど、薬剤師のいないうちのお店には置いていないことと、近くのドラッグストアーもこの時間では薬剤師が退勤しているため、購入できないことを説明した。
 また口唇ヘルペスのようにウイルス性の症状は、病院を受診していないと薬剤師の判断で購入できないことがあるのから、他のお店で薬剤師の勤務時間に相談するか、初めから病院に行った方が良いことをお話しした。
 なにしろ口唇ヘルペスの薬のパッケージには、「再発治療薬」と書いてあるくらいなので以前に受診して確定していなければならないのだ。
 それから口に現れる症状は、ウイルスの仕業だけではなく胃の不具合とも関係をすることがあるので、食事は消化に良いメニューにするよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート