ドラッグストアーで売っているのは、目に見える商品ばかりではありません

 常連のお客様から、咳と鼻水の相談を受け詳しく話を聞いてみると、喉に乾燥感があり、痰が張り付いて鼻水に色があるというため、『麦門冬湯』と『ストナ去たんカプセル』の併用を提案し、両方をお買い上げいただいた。
 どちらも効能に鼻の症状は無いが、『ストナ去痰カプセル』に入っている成分は鼻炎への効能が期待でき、鼻の症状は胃とも関係するため胃薬としても働く『麦門冬湯』が同様に役に立つと考えられる。
 だからお客様には、胃に優しい食事をして、炎症を抑えるためにも積極的に温かい物を飲むように勧めた。
 内臓が炎症している時に冷たい物を飲んだりすると気持ちは良いが、体の方は「もっと炎症しなければ」と頑張ってしまうので。

 お客様が『冷えピタ』を購入されたけれど、患者はご主人で熱を測っていないというため、悪寒が無く発熱が38度を超えるようであれば水枕を使うようお話しした。
 悪寒がある場合は、体がもっと発熱する準備をしているところなので解熱をするのには早い一方、額を冷やすのは気持ちが良いので『冷えピタ』を使っても構わない。
 一番の問題は『冷えピタ』はあくまで冷感であって本当に冷やす訳ではないので、高熱が出ている場合には役には立たないから、その点に注意が必要だ。
 それからお客様には、ご主人に食欲があっても、消化にエネルギーを使ってしまうと風邪を治すエネルギーが回せなくなってしまうので、内臓を休ませるためにも消化の良い食事にして量は控えさせるように伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート