咳が無いのに総合風邪薬を使うと、風邪で体がだるくなったのか副作用のせいなのか見分けが難しくなります

 お客様が『ルキノンエースα』をレジに持ってきたけれど、患者は奥さんで、微熱と体のだるさが主訴であり、咳は無く明日も出勤というため『柴胡桂枝湯』を紹介してみたものの、粉薬は駄目だとのことだった。

 総合風邪薬に入っている咳止め成分には麻薬系の物があり、それは余計に体をだるくさせてしまうので、鎮痛剤だけを使うことを提案し『バファリンルナi』を案内すると、『柴胡桂枝湯』と一緒に購入された。

 普段は粉薬は駄目と言っていても、目的とリスクを検討すれば使うかもしれないという判断か。

 患者さんの代理で薬を買いにいらした場合、その代理人の言うことが本当に本人の要望や判断と一致しているのかという問題があるので、可能であれば連絡できるのが望ましい。

 奥さんは普段は入浴せずシャワーのみとのことだったが、自分で発熱してエネルギーを消費させるより入浴した方が良い事をお話しし、消化によるエネルギーのロスを抑えるために消化に良い食事をして量を控えめにとも付け加えた。


 お客様から子供の喉の痛みに『のどスプレー』のイチゴ味を求められたけれど、うちの店には置いていないことと消毒系より抗炎症剤の入っている方が良いと考えられことを説明した。

 そしてアズレン製剤のスプレーに麦芽糖が入っている物を紹介すると、お買い上げいただいた。

 喉の痛みだけでは風邪とは限らず、胃炎でも起きるため、どちらにしても消化に良い食事に切り替えるよう勧めた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket