薬は誰が使うか、どんな人が使うかの情報が重要です

 お客様が『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、患者はご主人で症状は咳のみというため咳止め薬を提案すると、一週間ほど続いてるとのお話だった。
 食べようとすると咳が出るとのことから、呼吸の刺激によって咳になると考えられ、体の中が乾燥している可能性をお話しして『麦門冬湯』を紹介したものの、「多分、漢方薬は嫌がる」とのお返事。
 痰は無いそうなので、『ブロン錠』を案内して、お買い上げいただいた。
 痰が引っかかって出にくい人は『新ブロン錠エース』の方が適応するから、ご注意を。
 また、ご主人はだるさがあるようなので、食事を消化するのにもエネルギーを消費することをお話しして、消化に良い食事に切り替え、量を控えさせるよう伝えた。

 お客様から求められた風邪薬が、他のドラッグストアのプライベートブランドだったため、『エスタックイブ』の処方が近いことを説明した。
 そして主訴は喉の痛みと鼻づまりというので、『パブロン鼻炎カプセルSα』や『ペラックT』を単独で使うことを提案したところ、それぞれ常備薬にしてるということから、先に使ってみるよう勧めた。
 そして漢方薬に興味を持たれたようだったため、同じ風邪の初期でも上半身を温めるならば『葛根湯』を、冷やすのならば『銀翹散』をと説明し、現代薬の風邪薬を使うさいには咳がある時に向いていることを伝えた。
 すると『葛根湯』『銀翹散』の両方を購入され、奥さんが授乳中なので使わせても良いか確認されたので、基本的には大丈夫なことと、心配な場合には授乳を終えてから服用する方法があることをお話しし、慎重なのは良いことですと伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート