特定の銘柄の薬を足で探しても、空振りのことが多いので症状に合わせて薬を検討しましょう

 お客様が『パブロンSゴールドW』と『ルルアタックNX』を比較してるところに声をかけてみたところ、主訴は鼻水と喉の痛みが少しで咳は無いというため、鼻炎薬の効能に喉の痛みがあることをお話しして、『パブロン鼻炎カプセルSα』に変更となった。
 また、鼻の症状は最も関係しているので、喉への刺激を減らすためにも消化に良く、あまり噛まないで済む食事をするように勧めた。

 高齢のお客様が来店し『胃健錠』を求められたのだが、うちのお店では扱っていないので近くのドラッグストアに問い合わせてみても、置いていなかった。
 高齢の母親の方が胃もたれに使おうと思っているというので、お湯と水のどちらを飲むと楽になるのか尋ねてみたものの分からなかったため、声が弱々しいことから『大正漢方胃腸薬』を勧めて試していただくことになった。
 ちなみに、『安中散』が主剤の『大正漢方胃腸薬』が向くのはお湯を飲むと楽になるタイプで、胃が弱っているか冷えていることが考えられ、『六君子湯』も候補になる。
 水を飲んで楽になるようなら、胃炎が考えられるため『半夏瀉心湯』が適応する。
 一方、娘さんの方は『南天のど飴』を購入されるので、喉を開くのに向いていて、喉を冷やすのならば『浅田飴』の方が適応することをお話しした。
 すると、趣味で声楽をやっているらしいと分かったため、『響声破笛丸』を紹介し、喉を悪くしたと思ったらすぐに消化に良い食事に切り替えるよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート