風邪かなと思ったら無理に栄養を摂らずに内臓を休めるのを優先しましょう

 お客様から、高齢の母親が発熱と喉の痛みと頭痛を訴えていて、心筋梗塞を患ったことがあり、薬剤師からは市販の風邪薬で大丈夫と言われたというのだけれど、おくすり手帳を持ってきたので念のため調べたうえで、咳が無いことから『PL顆粒』を案内し、お買い上げ頂いた。

 お客様には市販薬を使った場合は、おくすり手帳に成分表示を貼り一元管理して、担当医にも報告をするようお願いした。

 それから、風邪の症状で体を休めるのは内臓を含めてなので、食事は胃腸に負担をかけないよう味噌汁程度にしておくことを勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 虫刺されの薬を購入されるお客様が湿った咳をしていたため尋ねてみると、数日前はもっと酷かったとのこと。

 薬を案内するとすれば、『小青竜湯』や『カンポアズマ』が候補になる。

 『麦門冬湯』が適応するカラ咳と違って湿った咳は内臓が冷えてる可能性をお話しして、入浴と温かい物を積極的に飲み、消化に良い食事をするよう勧めた。

 すると、風邪の時の入浴を心配されたけれど、それは内風呂が無く銭湯に出かけるしかなかった昔のこととお話しした。

 同様に風邪をひいたら栄養を摂らなければならないというのも、戦後の日本全体が貧しかった時代の話で、消化にもエネルギーを使うため無理に食べずに内臓を休めるのが現在の養生法である。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket