患者さんの要望が「治す」コトとは限らない!? 症状を押さえればソレで良いコトも

 お客様が『アリナミンEXプラス』を買いにみえたが、自身で『新パワーアクトEX』の方を選ばれた。

 主訴はもちろん疲労であるものの、食欲も落ちているというため全身の疲れには『パワーアクトゴールドα』の方が向いていることを伝えたうえで、お買い上げいただいた。

 情報は提供する、それで決めるのはお客様。

 他にお客様には養生法として、暑い季節でも温かく消化に良い食事をするよう勧めたところ、朝は食欲があるというため夕食と量を逆にしてはと提案した。

 消化には意外とエネルギーを必要として、夕食の量が多いと寝ている間も内臓は働き続けて、睡眠の質が落ちてしまうので。

 現在の疲労感も、もしかすると関係あるかもしれない。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から手の豆と皮が剥けることがあるという相談を受けたので、『ワセリン』でも充分なことをお話ししたうえで『アットノンEXクリーム』を案内すると、ゴルフをするためと分かったため『メモA』とガーゼにメンディングテープを勧めて、購入していただいた。

 ついつい病気や怪我を治すのが目的と考えてしまうけれど、そうとは限らないことを忘れがちな私。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 前日に風邪薬を買いにみえたものの、すでに閉店後の時間で販売をお断りした、やや高齢のお客様が再訪された。

 近くの遅くまでやっているドラッグストアーを案内したのだけれど、そちらには行かなかった模様。

 主訴は喉の痛みというため、風邪薬ではなく『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を案内すると、前者をお買い上げいただいた。

 そして患部を刺激するのは良くないので、痛みがある間は、あまり噛まないで済む食事をするよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket