「どの風邪薬が一番効く?」と訊かれたら、「ありません」と答えたい

 お客様が絆創膏を求めて来店したのだけれど、テーピングと区別がついていないようなので詳しくお話を訊いたところ、肘に怪我をし、テーピンクで仕事中に絆創膏を剥がれにくくしたいとのことだったので、伸びやすく密着性に優れる絆創膏の『ケアリーヴ』を案内して、お買い上げいただいた。

 それから、オーソドックスに包帯を巻くか、靴下を改造することも提案してみた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が来店し、「どの風邪薬が効く?」とストレートに訊かれたので、つい「薬を使わないのが一番です」と答えてしまった。

 製薬会社の治験データでも、風邪薬を使った場合と使わなかった場合での治る早さに優位な差は現れなかったそうだ。

 ただ、咳だけは体力を消耗するのと、気管支を傷めると肺炎など他の病気を引き起こしてしまう可能性があるので、抑えたほうが良い。

 そうお話すると、患者は奥さんで、今まで使っていたとのことから『改源』の購入を決められた。

 しかし、お会計時に病院から処方された薬があるというのだが、その内容は覚えておらず、おくすり手帳も持ってきていなかった。

 現在の主訴は喉の痛みだけのようなので、胃を悪くしている可能性をお話しして、消化に良い食事を勧めたところ、「胃は丈夫」というため、内臓には痛覚神経が無く異常を検知しにくいことと、風邪で体を休めるというのは内臓も含めてということを説明すると栄養ドリンクを求められたので、ノンカフェインの『新ヒストミンゴールド液プラス』を紹介してみたら、一緒にお買い上げとなった。

 ただ、家に『キューピーゴールドαプラス』があるというので、それを風邪薬と併用しても良いことを伝えた。

 というか、喉の痛みだけならば風邪薬を使う必要は無くて、『ペラックT』や鎮痛剤を使うだけで良いのだけれど。

 お客様には、季節が暖かくても温かい物を飲食したり、入浴したりして、なおかつ下半身を厚着して体温を高めに保つのが体調の回復には大事なことをお話しした。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket