「だるい・疲労・吐き気」のある風邪に対応できるのは漢方薬だけ

 『パブロンAゴールド』をレジに持ってきたお客様にヒアリングすると、主訴はだるさで、咳などの症状は無いというため、風邪薬を使うのは止めた方が良いとお話しした。
 起きていない症状の成分が体に入ってくれば処理をしなければならず、余計に疲労してしまうことが考えられるし、咳止めの成分に麻薬系製剤が入っていると、やはりだるくなってしまい、病気のせいなのか薬のせいなのかが分かりづらくなるので。
 するとお客様はドリンク剤を希望されたため、シャキッとする物よりは体を下支えする物の方が体への負担が少ないことを説明し、『ヒストミンゴールド液プラス』を案内した。
 しかしやはり風邪薬が欲しいと言われたため、『柴胡桂枝湯』を紹介すると購入された。
 これで現代薬の風邪薬を求められたら、候補が無くて困ったところだった。
 売り場の一角を占める風邪薬の謳い文句には「のどの痛み・熱・鼻水・鼻づまり・」などの効能は書いてあっても、「だるい・疲労・吐き気」という物は皆無と云っても過言ではないくらいで、対応できるのは漢方薬のみなんである。
 お客様には、体を休めるのは内臓も含めてでなければならないことをお話しして、消化の良い食事をするよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様から『新ビオフェルミンS』を求められ、売り場を案内しつつ、納豆菌が乳酸菌を育てることをお話しすると興味を示された。
 乳酸菌は胃酸に弱く、腸に辿り着くまでに死滅してしまうことがあり、腸で改めて乳酸菌を育てようというのが納豆菌入りの整腸剤だ。
 患者は奥さんで、『整腸薬ラクサレット』をお買い上げいただくことになった。
 乳酸菌が活動しやすいように入浴したり温かい物を積極的に飲んで、体温を高く保つよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート