総合胃腸薬は案外と他の薬との相互作用があるから気をつけて

 やや高齢のお客様が『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、主訴は咳と痰で他の症状は無いというため、咳止めを提案し『パブロンSせき止め』と『新コンタックせき止めダブル持続性』を案内したところ、後者を購入された。
 お客様は湿った咳の音をしていたので、内臓が冷えている可能性を伝えて、積極的に温かい物を飲むように勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢の夫婦のお客様が痒み止めの棚を見ていたので気になり近くをウロウロしてみたところ、ウフェナマートの入った物を選ばれた。
 しかしヒアリングしてみると、患者はご主人で患部の赤みが強く、つい無意識に掻いてしまうというため、より痒みを抑える『ムヒアルファS2』を案内して変更となった。
 痒みが弱まったら、薬も弱い薬に乗り換える方法もあることを伝えた。
 ステロイド剤などをむやみに怖がる患者さんがいる一方で、良く効くからと強い薬を使い続ける患者さんもいるので。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『太田胃散』を購入されるお客様が調剤薬局の袋を持っていたので、何か服用してる薬が無いか尋ねたところ「飲んでない」との返答だった。
 だとすると、その手に持っている袋の中身は何なのか。
 お客様には『太田胃散』を自身で使う場合には、担当医に使ったことを報告するようお願いした。
 『太田胃散』や『キャベジンα』など、総合胃腸薬は案外と他の薬との総合作用があり、風邪薬は他の薬との併用を気にする人がいるのに対して、胃腸薬を気にする人は少ないので気をつけたいところ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート