『ワセリン』をベタつくから嫌いという人は、塗りすぎかもしれません

 やや高齢のお客様から、鼻づまりに自動鼻吸い器の問い合わせを受けて調べてみたが、市販されているのは赤ん坊向けばかりのようだった。
 お客様は内科と皮膚科に通院しているそうなので、『荊芥連翹湯』を紹介し、保険の適用薬でもあるため処方してもらえないか医師に相談してみるよう勧めた。
 お客様からは、「顔見知りのような気がして相談した」と言われ恐縮。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が『葛根湯』を購入されるので、喉の痛みや咳、発熱には適応しないことを伝えると、主訴は鼻水と咳だった。
 鼻水ならば適応するし、咳も湿っている場合には使えるが現時点では不明。
 目の前で咳をしてもらえれば、音で分かるんだけど、皆さん人前で咳をするのを我慢してくれるから(^_^;)
 お客様には『葛根湯』は上半身を温めるので、「風邪の初期」という場合も、「温めて楽になる症状」に適応することを伝えた。
 また、鼻水と湿った咳であれば内臓レベルで冷えているので、より温める力の強い『小青竜湯』の方が効果的である。
 反対に上半身を冷やす『銀翹散』は、喉の痛みや鼻水に向いているので「風邪の初期には葛根湯」とは思い込まないように注意。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 子供を連れたお客様から『ワセリン』を求められ『白色ワセリン』を案内するとクリームタイプを希望されたので、より透明度の高い物も紹介したうえで、クリームタイプをお買い上げいただいた。
 『ワセリン』の色は本来は黄色で、不純物を取り除いていくと白くなり、さらに純度を上げていくと透明になって、柔らかく塗りやすい。
 対してクリームタイプは、空気を入れることで柔らかくなっている。
 そして『ワセリン』というと、ベタつくのを嫌う人がいるが、たいていは塗りすぎである。
 お客様にも、手の甲の範囲であれば塗る量は米粒一粒の量で充分なことをお話すると驚かれた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が来店し『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、患者は奥さんで、主訴は喉の痛みだけというため『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を紹介したところ、前者に変更となった。
 食べ物が患部をこするだけでも炎症を悪化させるので、噛まずに済むような消化の良い食事を勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『エスタックイブ』を購入されるさいにヒアリングしたところ、主訴は鼻水と喉の痛みと咳で、痰に色がついているということから適応すると考えられることを伝えた。
 喉が痛かった段階では『ペラックT』を使っていたというため、咳になる前には良い選択とお話しした。
 ただそれでも症状は進んでしまうことはあるし、普通に食事をしてしまうと患部を荒らしてしまうため、喉が痛くなった段階で素早く食事を消化の良い物に変えるよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート