他の薬の紹介や提案をするのは商売のためではありません

 やや高齢のお客様が痔の薬を見ていて『ボラギノールA注入軟膏』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみると、頼まれ物とのことだった。
 患者さんの主訴は排便痛と出血だそうで、しょっちゅうなる訳ではないというお話から、止血剤の入っている『プリザエース注入軟膏T』を提案したところ、変更となった。

 お客様が『スマイル40プレミアム』と『ブルーベリー』のサプリメントを購入されるので、加齢による目の疲労の場合にはと『牛車腎気丸』を紹介してみた。
 お客様からは「商売がうまいわねぇ」と言われたけれど、病院でも処方してもらえる保険の適用薬であることを伝えた。

 お客様から「アンパンマンの風邪薬を」と注文されたけれど、主訴は頭痛で咳は無いというため、『ムヒこどもかぜシロップ』はお勧めできないことを説明した。
 そして鎮痛剤を提案すると『バファリンルナJ』が家にあるというので、先に使ってみるよう提案し、本日はお買い上げは無しとなった。
 『葛根湯』も家にあるとのことだったが、ズキズキする頭痛のようなので胃の不具合と関係することを説明し、『葛根湯』は胃に負担をかけるから今回は避けた方が良いと伝えた。
 ただお客様は、「子供は食欲がある」と言っていたため、内臓が大丈夫かどうかと脳が食欲を感じることとは別ですと説明した。
 子供に限らず大人でもありがちだが、あまり自分の脳を信じない方が良い。
 ……この言い方だと語弊があるな(^_^;)

 お客様から咳の相談を受け、数日前に熱っぽかったそうで、痰がひっかかるというため『麦門冬湯』と『ブロン錠エース』を案内し、前者をお買い上げいただいた。
 内臓が熱を持つと上半身は乾燥しがちになり、痰を排出しにくくなる。
 胃熱の状態の可能性があるので、お客様には消化に良い食事をして量を控えるよう勧めた。

 お客様が『新ブロン液エース』を購入され、ヒアリングしてみたところ明け方に痰が絡むというため、咳止めではなく去痰剤を勧めてみたが、それ以上はお話を聞いてもらえなかった。
 お客様の様子からすると、薬物依存になっているようにも思われたから、売らないのが正解だったかもしれない。
 でも売らなかったところで、近隣には他のドラッグストアーが4軒もあるから、そっちで買ってしまう可能性を考えると、うちのお店で観察しておいた方が良いようにも思うし、判断が難しいところ。

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート