最適と考えられる薬の情報を提供した後は患者さんの選択

 お客様から「イソジンじゃない喉スプレーを」と希望され、アズレン製剤の『アズリート』を案内してお買い上げいただいた。
 喉の痛みは風邪などだけでなく、胃炎を起こしてもなることをお話すると逆流性食道炎を心配されたようなので、健康な人でも1日に50回は胃液が逆流していて、健康なら早く回復するため気づかないだけと説明した。
 ついでに言えば内臓には痛覚神経がないので、胃が痛むという場合も近くの神経が異常を知らせている。
 つまり内臓が痛むようでは、相当に悪くなっているということでもあるから、胃が痛くないから胃は大丈夫とは限らないため、ご注意あれ。
 お客様には、喉が痛い時には胃に優しい食事をするようにとお話した。

 喉の痛みを相談されたお客様からスプレータイプの薬を求められたので、炎症を抑えるためには消毒系ではなく抗炎症系のアズレン製剤をと勧め『アズリート』を案内したけれど、しばらく迷った末に消毒系の『のどぬーるスプレー』を購入された。
 最適と考えられる薬の情報を提供した後は、最終的にはお客様の選択である。
 お客様には、喉の炎症が胃にまで広がるかもしれないとお話して、消化に良い食事をするよう勧めた。
 適応しなさそうな薬を選ばれたら、養生法など薬以外の情報も提供して、できるだけフォローをしたいところ。

 お客様から、手のシモヤケの相談を受けた。
 仕事で鉄を素手で触るとのことで、見た目にも患部が荒れていたため『ヒビエイド』と『ヒビケア』を案内すると前者を試していただくことになった。
 まぁ、どちらも同じ処方内容なので、ブランド名で選ぶか価格で選ぶかではあるが。
 家に『』があると分かり、寝る前や仕事中でも可能であれば『ヒビエイド』の上から重ね塗りをするよう勧めた。
 患部の修復には血流が大事なので入浴しているか尋ねると入っており、根菜食を勧めたところ自家製で漬けているというため、どちらも養生には良いことですと伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート