なかなか縮まらない患者さんとの距離

 お客様から『エキセドリンA』を求められたが置いていないことを伝えたところ、主訴は頭痛で『バファリンA』が効かなかったというため、アスピリンが合わなかった可能性をお話してアセトアミノフェン単独の『タイレノール』を案内した。
 『エキセドリンA』はアスピリンとアセトアミノフェンを合わせた処方で、アスピリンが主剤の『バファリンA』が効かなかったのに、『エキセドリンA』が効いたのならアセトアミノフェンが適応したのかなと思ってのこと。
 まったく違う成分の、イブプロフェンにするという選択もある。
 お客様の頭痛は、朝方に痛むというので胃の心配は無さそうと考えイブプロフェンとアセトアミノフェンを合わせた『バファリンプレミアム』と『グレランビット』を紹介すると、前者をお買い上げいただいた。
 また、朝方の頭痛には血圧が関係する可能性をお話して、『ズッキノン』(釣藤散)を紹介した。
 これまで風邪で病院に行ったことはあっても頭痛では行ったことが無いというため、頭痛外来を受診してみるように勧めた。

 お客様が『命の母A』を購入されるさいに使用経験を尋ねると、使った覚えはあるものの効いたかどうか覚えていないとのこと。
 念のため、『命の母A』は不安感やイライラなどの精神的な症状に適応し、『命の母ホワイト』は肉体的な疲労に向いていますと説明した。
 ただ、お客様は神経質そうだったから『命の母A』で合うとは思うものの、余計に不安にさせてしまったかもしれない。
 同じ内容を説明するにも、お客様の性格や考え方を推測してカスタマイズするというのは難しい。

 お客様が『エスタックイブ TT』をレジに持ってきたが、主訴は喉の痛みだけで他に症状は無いというため、『ペラックT』と『龍角散ダイレクト』と『パブロントローチAZ』を 案内してみた。
 それぞれ、錠剤と、水無しで飲める顆粒と、トローチというように剤形の違う物を候補にした。
 今回は『龍角散ダイレクト』をお買い上げいただき、以前に私が案内した風邪薬が良く効いたと言ってもらえたのだけれど、それでもまだ相談してもらえるまでには辿り着かないのか……。
 初めて顔を合わせて、3年ほど経ってからようやく相談してもらえるようになったお客様もいることだし、焦るまい。
 お客様には、喉の炎症が広がらないよう、スープなどの噛まないで済む食事をするように勧めた。
 普通に食事をして食べ物が炎症してる患部をこすってしまうと、なおさら炎症してしまうからだ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート