アレもコレも入っている総合風邪薬は便利だけどリスクもあります

 お客様が『エスタックイブファインEX』を購入されるさいに症状を尋ねると常備薬とのことだったので、咳が無い場合には服用を控えるようお話すると驚かれた。

 総合の風邪薬は、解熱鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めが入っているのが基本の処方であり、起きていない症状の成分は体に入れば処理しなければならず、その処理に無駄なエネルギーを使い、かえって風邪を進行させてしまう可能性があるのだ。

 特に咳止めの成分は、多くのメーカーで麻薬系成分と覚醒剤系成分を採用しているから、咳による体力の消耗のリスクと比べて有用な時に限定して使うほうが良い。

 だから、常備薬として置いておくのなら総合の風邪薬よりも、 鎮痛剤と鼻炎薬と咳止め薬を個別に揃えておくと、体への負担も少なく財布にも優しいはずである

 ただし、症状に合わせてそれぞれを併用するさいにはカフェインの重複などに注意。

 店頭で相談してもらえれば、併用できる組み合わせで薬を案内できます。


 お客様から『パブロン50』を注文されたけれど置いていない事をお話し、処方内容は鎮痛解熱剤のアセトアミノフェンと上半身に保水しながら咳を緩和する『麦門冬湯』を組み合わせた物なので、個別に併用すれば似た処方になるし、咳だけで熱が無いのであれば『麦門冬湯』を単独で使うことを勧めた。

 『パブロン50』を探していたのは、以前にジヒドロコデインが入った咳止めを飲んで便秘になってしまった事があるからだそうだ。

 なるほど確かにジヒドロコデインは、内臓の働きをわざと低下させることで咳を止めるので、同様に腸の働きも悪くなって便秘になってしまう。

 私が、咳の無い時に総合風邪薬を飲むのを避けるように云っているのも、こういう点を心配してのことだ。

 今回は、『麦門冬湯』をお買い上げいただいた。


 お客様が『葛根湯』を購入されるさいに、喉の痛みや咳、発熱には適応しないことを伝えると風邪の予防だというので、体力の低下を防ぐ『柴胡桂枝湯』を案内し、リラックス効果も期待できることをお話すると一緒にお買い上げいただいた。

 使うのは受験生の子供だというため、『葛根湯』を使う場合は早め早めの服用が有効なことと、上半身を温めて血流を良くするので思考力の低下を防ぎ、肩こりにも使えることをお話した。

 また、緊張すると咳払いをするタイプなら、『半夏厚朴湯』も「受験生御用達し」ですと紹介した。


 常連のお客様が来店し、足の爪が剥がれそうと相談をされたので、『ワセリン』か『オロナインH軟膏』で患部を保護したうえで、絆創膏を貼るくらいしか手が無いことを説明し、後者と絆創膏を一緒にお買い上げいただいた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!