その症状、薬の副作用かもしれません

 お客様が『南天のど飴』をレジに持ってきたさいに、喉の痛みより気管支を開く薬であることを伝えると、主訴はカラ咳のようなので体内が乾燥してる可能性をお話したところ、思いや当たるようだったため上半身を潤す『麦門冬湯』を案内した。

 他に便秘の相談を受けたので、便秘薬には「腸を刺激する物」と「便の滑りを良くする物」 と「腸内の水分を吸って便を柔らかくして量を増やす物」があることを説明すると、便の量が少なくコロコロ便とのことだった。

 コロコロ便はストレスとも関係するため『桂枝加芍薬湯』を紹介し、『麦門冬湯』と一緒にお買い上げ頂いた。

 ところが、お会計の段になってから甲状腺の治療中であることが分かり、処方されている薬を調べると、体内の乾燥の原因が副作用のように思われた。

 ことによると、便秘もその薬が関係するかもしれない。

 お客様には、受診科目が違っても困っている症状がある時には医師に伝えるようお話した。

 もし副作用だとすれば薬の変更を相談するか、もしくは『麦門冬湯』は保険の適用薬なので一緒に処方してもらえないか 尋ねてみてはと提案した。

 まず他に服用している薬が無いか確認するのは基本中の基本とはいえ、話の流れから尋ねる機会を逸してしまったり、症状に適応する薬をアレコレと考えるのに気を取られて忘れてしまうことがあるのが実情。

 なので、何か治療中の疾患や使っている薬がありましたら、最初に教えて下さいませ。

【第3類医薬品】トキワ南天喉飴 54錠
参考価格:¥ 864
実売価格:¥ 690
値引率:20%
Amazon.co.jp

 お客様が成人の息子さんから鎮痛剤を頼まれたようなのだが、本人はあまり薬を使わず普段は我慢してしまうため、以前に使った薬は分からないとのこと。

 薬を銘柄を指定されるのも困るけれど、鎮痛剤も目的の痛みによって得意分野が異なるし、相性もあるから何か手がかりになる情報が無いと選びにくい。

 本人は、人混みで頭痛になると言っていると分かったため、緊張性頭痛と推測して『ズッキノン』(釣藤散)を紹介してみたが鎮痛剤を頼まれてもいるので、それぞれ作用機序が異なるアセチルサリチル酸の『バファリンA』と、イブプロフェンの『イブ』、アセトアミノフェンの『タイレノール』を案内した。

 緊張性頭痛の可能性から考えると『バファリンA』がお勧めだが、結局選びきれずお客様はお帰りになられた。

 ううむ、迷わせ過ぎてしまったか……。

 本人が来てくれると良いのだけどなぁ。

【指定第2類医薬品】バファリンA(80錠+10錠) 90錠
参考価格:
実売価格:¥ 1,188
値引率:%
Amazon.co.jp

 やや高齢のお客様から手荒れにハンドクリームを求められ、痛痒さや傷口は無いそうなので指定医薬部外品のコーナーを案内したところ、『ニベア』は寝る前に塗っても乾いてしまうというため、油が馴染むだけで乾いている訳ではないことを説明した。

 『ワセリン』などの油で患部の表面を覆って水分の蒸発を防ぐのは基本中の基本であるとともに、他には血流を良くして患部を潤すヘパリン類似物質と、皮膚の中で水分をガッチリと捕まえておく尿素入りの物があることを説明して、今回は『メンソレータムメディカルビタミンクリーム』をお買い上げいただいた。

 皮膚の再生を促すビタミンB2と、血行を良くするビタミンEが配合された指定医薬部外品である。

【医薬部外品】メンソレータム メディカルビタミンクリーム 145g
参考価格:¥ 1,512
実売価格:¥ 547
値引率:64%
Amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!