風邪薬が不要でも風邪薬にこだわる謎

 夫婦のお客様が来店し、風邪薬の棚の前で『パブロンエースPro』を見ながら、ご主人が「これがいいんじゃない?」と奥さんに話しかけていたため、案内を申し出てみた。

 何を基準にして選んだのかが気になったので。

 ヒアリングすると、ご主人の主訴は鼻水で奥さんは喉の痛みということから、ご主人には『パブロン鼻炎カプセルSα』を、奥さんには『ペラックT』を提案した。

 しかし風邪薬を二人で一緒に飲みたいとの要望を受け、ご主人の鼻水は酷くないというお話から『ルルアタックEX』を紹介して、お買い上げいただいた。

 実のところ咳が無いのであれば、風邪薬は候補から外した方が体への負担が少なくて良いのだけれど、 どういうわけか風邪薬にこだわられることが多い。

 例えば『パブロン鼻炎カプセル S アルファは効能書きに、喉の痛みもあるのだければ、あまり知っている人はいない。

 そして家族で同じ薬で済ませたいという気持ちは分かるものの、やはり本当は分けた方が良い。

 そういう話も、始めから相談を受けていれば伝えやすいのだが……。

 お客様には、透明な鼻水は内臓が冷えていると考えられるため、積極的に温かい物を飲み入浴をして下半身に厚着をするよう勧めた。

 鼻水だけなら、それだけで改善して薬が不要な可能性も高い。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みで他に症状は無いというため咳止めの成分が体をだるくしてしまう可能性をお話して、『ペラックT』と『龍角散ダイレクト』を紹介した。

 そして『龍角散ダイレクト』は患部を冷やすので鼻水がある場合には避けた方が良いことを説明すると、『ペラックT』を購入された。

 喉の炎症が胃にまで広がるかもしれないのと、食べ物が炎症している患部を刺激してしまうと良くないので、口の中で崩れるような胃に優しい食事をするよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が2歳の子供の腹部の痒みに、奥さんからテレビCMで見た薬を頼まれたというのに、銘柄を覚えていなかったため、『メンソレータムADボタニカル』を例に痒み止めや弱い局所麻酔が入っているといった処方構成を説明したところ、そのまま購入された。

 ありゃん、奥さんに怒られなければ良いけれど(^_^;)

 お客様には、子供の乾燥肌には『ワセリン』で十分なことと、痒み止めには虫刺されの薬で代用できることを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!