ゆっくり体を休ませなければならない時にはノンカフェインの栄養ドリンクを

 お客様が風邪薬の棚を見てる時に声をかけたものの案内は断られ、『ベンザブロックS』と『麦門冬湯』をレジに持ってきたところで改めてヒアリングしてみた。

 主訴は咳と鼻水とのことで、ちょうどお客様がした咳が湿った音だったため『小青竜湯』を候補に考えたものの、食欲が落ちて胃を悪くしてると分かった。

 となると胃に負担がかかる『小青竜湯』は避けた方が良いだろう。

 本来はカラ咳に使う『麦門冬湯』と『パブロン鼻炎カプセルSα』の併用を勧めて、試していただくことになった。

 いずれにせよ湿った咳と鼻水は内臓の冷えが原因と考えられるため、積極的に温かい物を飲み、入浴をして、下半身に厚着をするよう勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EPY1EBG?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00EPY1EBG

 やや高齢のお客様が来店し、奥さんが喉の痛みを訴え発熱しており、病院で薬は処方されているそうなのだが、何か栄養ドリンクをとの注文を受けた。

 必要は無いことをお話したうえで、ゆっくり体を休められるようにノンカフェインの物をと提案し『新ヒストミンゴールド』を案内してみたが、価格が折り合わないようでお帰りになられた。

 『リポビタンD』などを考えていたのかもしれないけれど、ああいう栄養ドリンクは瞬発力を得るための物で、風邪などで体を休めなければならない時には向かない。

 価格が高ければ良いという物ではないけれど、病中病後に飲むのであれば同じ栄養ドリンクでも瞬発力と遅効性の両方を備えた少しお高めの物の方が役に立つ。

 まぁ、風邪だからと無理に栄養を摂る必要は、やっぱり無いんだけど。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SPK7RMP?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B07SPK7RMP

 お客様が『ブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻水と喉の痛みで咳は無いというため、鼻炎薬と『ペラックT』の併用を提案した。

 しかし風邪薬を希望されたため、鼻炎寄りの『ルルアタックNX』を案内してみたところ変更となった。

 主訴からすると胃を悪くしている可能性をお話して、養生のために消化の良い食事にして量を控えることにより内臓休めるよう勧めると「医者みたいだねぇ」と言われた。

 意図は分からないけれど、褒め言葉と受け取っておくことにしよう。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00110OEQE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00110OEQE

 やや高齢のお客様が『パブロン鼻炎速溶錠EX』を二箱購入しようとされるので一人一個となってることを説明したところ、他の店では言われなかったというお話だったけれど、副作用として血圧が上がったり体内が乾燥することを説明すると、納得はしていただけた模様。

 ただその後、他のドラッグストアーでの薬の販売の仕方の話から、相撲界の裏話(割と洒落にならない内容)へと移って長引き困った(;´∀`)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07L8J8Y1B?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B07L8J8Y1B

 

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!