消化をするのにも自身で発熱するのもエネルギーを使います

 若いお客様から鼻水と咳の相談を受け、透明な鼻水は体を温めるだけでも改善する可能性が高いことをお話して、咳には『ルキノンせき止め』や『ブロン錠』を提案した。
 すると、眠くなるのを心配されたので、『小青竜湯』を案内してお買い上げいただいた。
 『小青竜湯』『葛根湯』よりも体を温める力が強く、鼻水やクシャミにはもってこいなうえ、冷えによる咳にも効果がある。

 お客様から、つらい咳との相談を受け、鼻水は白く濁っているとのことだったため『パブロンSゴールドW』を案内してみたが、関節痛もあると分かったため『ルルアタックFX』を勧めてお買い上げいただいた。
 食事を控えることと入浴を勧めると驚かれたけれど、風邪をひいたら栄養を摂るというのは戦後の食糧難の時代の名残りで、湯冷めを心配して入浴しないようにと言われていたのは、まだ内風呂が普及していなかった時代の話である。
 消化をするのにも自身で発熱するのもエネルギーを使うから、エネルギーの消費を抑えるためには食事を控えて入浴するのが良い。

 お客様から『イソジン』のうがい薬かのどスプレーをと注文され、現に痛む場合には刺激物でもある『イソジン』は避けた方が良いことと、のどスプレーには消毒系と抗炎症系があることを説明し、抗炎症剤の『アズレンのどスプレー』をお買い上げいただいた。
 痛むのは喉の奥の方だそうなので、胃炎の可能性も伝えたけれど興味は示されなかった。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート