市販薬を選ぶ時には効能よりも適応を検討するのが大事

 お客様が『新コンタックかぜEX』と『ベンザブロックIPプラス』と見較べていたため声をかけてみたところ、『葛根湯』の液剤の方が良いか尋ねられたのでヒアリングしたところ、ご主人が発熱と悪寒と喉の痛みを訴えているという。

 症状からすると『葛根湯』の適応時期を過ぎているため、使うなら『麻黄湯』をと案内した。

 そして喉の痛みはあっても咳は無いと言うので、咳が無い時に風邪薬はお勧めできないのだけれど、明日は仕事休めるということから服用による疲労感が出る可能性をお話したうえで『ルルアタックEX』を紹介し、お買い上げいただいた。

 すでに食欲は無いというので無理に食べさせなくても良い事と、入浴はしても良いことを伝えた。

 昔は入浴が駄目だと言われていたけれど、あれはまだ内風呂が普及していなくて、銭湯の帰りに湯冷めしてしまうからである。

 自ら発熱するのには体力を使うから入浴をして、発熱するのを支援してあげた方が良いのだ。

 高齢のお客様が『五虎湯』『麦門冬湯』で迷ってる様子だったので声をかけたところ、ご主人が咳と痰が絡み、たまに頭痛がするとのこと。

 以前に私が案内したさいには、『麦門冬湯』を使ったそうだ。

 今回は頭痛に『葛根湯』を使っていたというので、その『葛根湯』は咳の原因になってしまう事をお話したところ、発熱したというため体内が乾燥している可能性があることから、『麦門冬湯』が適応することを説明して、お買い上げいただいた。

 口腔内に膿の匂いがするようだというため『チクナイン』(辛夷清肺湯)も考えたけれど、鼻の症状は無いという。

 『麦門冬湯』で咳が治まり、膿の匂いが残るようなら『チクナイン』に乗り換えを検討しても良いだろう。

 頭痛の方は肩こりが関係ありそうな話だったので、『釣藤散』を紹介した。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!