風邪薬と栄養ドリンクはカフェインの重複に注意

 お客様から頭痛と鼻炎の相談を受け、発症したのは今日からで、まだ症状は軽そうだったため『葛根湯』を提案してみた。
 しかし現代薬を望まれているようだったため、一番苦しい症状に合わせるのが効果的なことをお話しして『ルルアタックNX』をお買い上げいただいた。


 やや高齢のお客様が『ルルアタックEX』と『ユンケル黄帝液』を一緒に購入されるので、一緒に服用しないようお話したら、怪訝そうにされた。
 『ユンケル黄帝液』にはカフェインが入っており『ルルアタックEX』にも入っているから、カフェインの重複は薬効を変に強くしてしまったり体をゆっくり休めたい時に寝付けなくなったりするので避けた方が良い。
 もし同じユンケルシリーズを望まむのであれば、ノンカフェインの『ユンケル黄帝液DCF』ほうがお勧め。
 そう説明したのだけれど、上手く伝わらなかったのか納得されなかった模様。


 若いお客様が『ルルアタックEX』を購入され、発症は昨日からで鼻水も黄色とのことことから、適応することを伝えたうえで消化に良い食事をするよう勧めた。
 消化をするのにもエネルギーを使うため、風邪を治すエネルギーが消化に取られてしまうと治りが悪くなってしまうので。
 風邪をひいたら体を休ませるというのは、内臓も含めて休めるのだということが、もっと広まってほしいと思う。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!