≪通巻8号≫
無水アルコールを求めて/ビデオ評『アウトブレイク2000』/病院での遺体の解剖/市の廃棄物処理場に/コンビニでの医薬品販売/体臭は責められるものなのか?/売らなかったのは損かもしれない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★彡☆-=★彡  それさえもおそらくは平凡な薬局  ★彡☆-=★彡
            ≪通巻8号≫
提供 : まぐまぐ
発行 : 北園薬局 http://plaza2.mbn.or.jp/~kitazono/
編集 : 北村俊純
窓口 : kitazono@a1.mbn.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~~~~~~~~~~ 今回の日記の主な話題 ~~~~~~~~
※6月10日(火)……無水アルコールを求めて
※6月11日(水)……ビデオ評『アウトブレイク2000』
※6月12日(木)……病院での遺体の解剖
※6月13日(金)……市の廃棄物処理場に
※6月14日(土)……コンビニでの医薬品販売
※6月15日(日)……体臭は責められるものなのか?
※6月15日(月)……売らなかったのは損かもしれない
******************* 先週の平凡な日記 *********************
                                   
◆6月10日(火)/2003年
 朝のニュースで、近鉄線にコンクリ片を置いた24歳の男が逮捕されたとの報道。
 数日前から線路上に置かれたコンクリートブロックに、電車が乗り上げ脱線するなど列車妨害事件が相次いでいて、付近を警察が厳重警戒しているという報道もあったはずなんだが、新聞を読んだりニュースを見たりしてなかったのかね。
 しかも、事件が半径7キロメートルの範囲に限定されていた事も報道されていた。警察の動きに気を配らないとは、犯罪者の風上にも置けない馬鹿である。
 朝から目が痒くて鼻水が出てくる。
 昨日の晴天のせいで花粉症らしい。
 店先で鼻をズルズルやってるわけにもいかず、(しょうせいりゅうとう)を飲んだ。
 無水アルコールを求めて来店する人があとを断たない。
 今日なんかは、同じタイミングで2人も来た。
 例の“ムダ毛をうぶ毛のようにする”ためだ。
 http://www.tbs.co.jp/spaspa/
 番組の方には問い合わせのメールをしたのだが、すでに一週間近くになることから考えると黙殺されたようである。
 『日本薬局方』と言う本で、無水アルコールの項目を見せて説明をした。
 『日本薬局方』と言うのは、薬品の日本名・英名・日本名別名・構造式・分子式・分子量・化学名・成分の含量規定などをデータベース化したものだ。
 無水アルコールの項目には、「外用としては用いない」つまり、肌に付けたりするものではないと明記されている。
 また、「刺激が強く、殺菌力は弱い」ともあり、私の予想通り毛を痛めつける事で脱色するのだろうと思われる。
 1人の人は納得してくれた様子だが、もう1人の人は口では「分かりました」
と答えていたが、雰囲気からすると他のお店に探しに行きそうな感じだ。
 まぁ、忠告はしたから、後は本人の判断に任せるしかない。
 ひどい肌荒れになって、“体験”しない事には分からない人もいるだろう。
 タバコを吸いながら、「喉が痛い」なんて言うように、治す気があるんだか無いんだか分からない患者さんもいるし。
 病気に匙を投げる事は無いが、患者さんの中には匙を投げたくなるような人はいる。
 医療に携わる人間がそんな事を思っちゃいけないのだが、それが本音である。
 万景峰号が、出航をとりやめたとのニュース。
 朝鮮総連は「日本が過度に騒ぎすぎるため」というような主旨の声明を出し
たようだが、こういう声明は、取りやめる事によって相手が困ったりする場合に嫌がらせとして使えるのであって、こういう状況でそんな事を言っても普通は聞き流されてしまうもんである。
 福田官房長官も言っていたが、不備が無いのなら堂々と来れば良いのに、疑惑を認めてどーする。
◆6月11日(水)/2003年
 老夫婦が来店。
 オシャベリな奥さんと、寡黙な旦那さんという感じ。
 もっと正確に言うと、奥さんは口が悪い(苦笑)
 症状に合わせて漢方薬を案内しても、「効くの?」とか「大丈夫なの?」と尋ねてくるので効能などを説明しようとすると、「アタシ頭悪いから分からない」とか「効けばいいの」と話を聞こうとしない。
 そこで旦那さんの方が代わりに聞こうと私に尋ねてくると、「アンタに説明してるんじゃないの、アタシにしてるんだから」とさえぎる。
 なかなかに難しい患者さんであったが、なんとか納得してもらったうえで漢方薬を選んでもらえた。
 なんか、午前中の気力を全部使ってしまった気がするσ(^◇^;)。
 奥さんがレンタルしてきた『アウトブレイク2000』を観た。

 なんか聞き覚えのあるタイトルだと思ったら、ダスティン・ホフマンが主演した『アウトブレイク』という映画が1995年にあった。
 便乗にしては5年も経ってるので、続編か同じテーマだから同じタイトルになってしまっただけなのか。

 『アウトブレイク』の方は、アフリカ奥地で発生した未知の伝染病がアメリカに侵入し、街は完全に隔離され、米陸軍伝染病研究所が謎を懸命に解き明かそうとする……。という、現在のSARSパニックを彷彿とさせるが、ついには米軍が隔離した街を焼き払って消滅させようという展開になり、いつの時代の話だよと笑いをこらえるのが大変だった。パニックスリラー物なのに。
 対して今回の『アウトブレイク2000』は、ある女の子がグアテマラで豚インフルエンザウィルスの新種(但し、“スペイン風邪”と同型)にかかり、それとは知らずにアメリカのロサンゼルスにいる恋人の元へと向かい、主人公たちがワクチンの開発をすると共に、その女の子を捜索するという展開で、台湾人医師が日本に来て観光旅行をしていったのとダブった。
 しかも女の子が行く先々でウィルスをばらまくことになり、哀れな感染者たちは、20世紀冒頭の“スペイン風邪”と同様に急性肺炎と全身性出血で死亡していくという、リアルなだけに怖いと感じさせるものだった。
 惜しむらくは、インフルエンザウィルスの変種というのが公開当時には地味な印象を与えてしまったために売れなかったのではないだろうかと言う事だ。
 今ならヒット間違い無しだったろうに。
 ワクチンの開発に使うインフルエンザを求めて、スペイン風邪によって死んだ人の遺体を掘り起こしにシベリアに向かったり、通常は半年くらいかかるワクチンの開発を短期間で行うために遺伝子操作を使ったりと、アイデアも悪くは無い。
 ただただ地味なばかりではある(苦笑)
 奥さんは、感染者の女の子の乳首が服から透けて見えるのをやたら気にしていた。そりゃ、私も気になったけど、なんでそんな所ばかり見ているよ(笑)
 レンタルビデオ店にあれば、観て損は無い1本だろう。
 いや、乳首じゃなくて(笑)
◆6月12日(木)/2003年
 何故だか喘息の症状が出ていて、よく寝られなかった。
 気圧の変化に体がついていかないのか、それともお店の隣の事務所が改装中なので、塗料などを吸い込んでしまったのか。
 ひとまず小青龍湯(しょうせいりゅうとう)を飲んで様子を見る。
 
 毎度毎度のように痛み止めを買っていく患者さんが結構多くいる。
 痛みを止めても根治治療をしなければ病状が悪化する可能性があるし、痛み止めなんかにお金を使っていては無駄遣いもいいところだ。
 何度かは治療を勧めるのだが、そのたびに断られて「痛みが止まればいいから」と、痛み止めを買っていく。
 まとめ買いならば販売しない根拠にもなるのだが、一応の期間をおいて買いに来る分にはそれを止めることも出来ない。
 なんとも、こちらが胃の痛い状態である。
 パート薬剤師のIさんの義姉が亡くなった事でのお話。
 病院側では遺体の解剖を希望したのだが、親族が猛反対したらしい。
 正確には、Iさんだけが賛成して親族に「血縁者じゃないからだ」と批難されたようだ。
 しかし、病院側から解剖を申し出るというのは稀である。なにしろ、医療ミスが発覚してしまう事もあるのだから、病院側としては早いトコ遺体は始末したいのが本音だ。
 それを解剖したいと申し出るという事は、学術研究として今後の医療に役立てようという真摯な態度が読み取れる。
 私の父方の祖母が亡くなった時には、病院が嫌がるのを頼んで解剖してもらった。すると案の定、明確な医療ミスではないが、同じように医療に携わっている親類の話によると適切な治療ではなかった事が分かった。
 医療ミスを発見するためにも、今後の医療に役立てるためにも、ぜひ解剖には協力してもらいたい。
 ちょうど昨日観た『アウトブレイク2000』を思い出した。
 歯科医院からの患者さんが来店。
 近所の歯科医院からは割りと頻繁に患者さんが来るので、ウチも歯科向けの薬はある程度組みあせて用意してある。それによって、スムーズに薬を出す事が出来る。
 ところが、患者さんの様子がいつもと違う感じである。歯だけではなく、体の他のところも痛がってる感じだ。
 そこでよく話を訊いてみると、交通事故にあったと言うことが判明。
 幸い軽傷で済んだようだが、そのために歯が欠けたようなのだ。
 しかも、被害者側である。
 となると、歯科医院からもらってきた処方箋で患者さんの負担割合が3割というのはオカシイ。被害者ならば、治療費は加害者が支払う事になるので負担割合は0でなければならない。
 そこで歯科医院に電話をしてみると、歯科医院でも患者さんが交通事故で訪れたと言う事は把握していたようだ。
 負担割合は0のはずですと告げると「そうでしたそうでした」との返事。
 こちらもうっかり患者さんから代金をもらってしまうところであった。
 機械的に処理してしまうと起こりやすいミス。気を引き締めないと。
6月13日(金)/2003年
 お店の改装をした時の商品棚や壊れたサトコちゃん人形(全長90センチ・サトウ製薬)などを市の廃棄物処理場に持って行く事に。
 叔父の車に乗せて行ってみたら、午前中は11時30分で受付終了で、午後は1時からとなっていた。
 昼休みを90分も取るんかい。つーか、全員で休憩に入ってしまうのか。
 いったんお店に戻るハメになってしまった。
 で、午後になって再度訪問。
 ものすごい車の行列に辟易とした。
 それでも1時間ほど待って受付の前に車を止めると、そこが重量計になっていた。これで、入車時の総重量を計って退車時との差を調べて料金が決まるようだ。
 しかしここで問題が発生。
 サトコちゃん人形はプラスチックで引き取る事ができないと言われた。
 ところが、廃棄場に一応持っていって良いとは言う。
 どうやら、現場の人の判断と言う事になるらしい。
 中に入ると、その先もまた車の長い列。さらに30分ほど待つ事になった。
 で、仕分け作業員にサトコちゃん人形を見せると、「大丈夫大丈夫、燃えるから」と言ってポポイのポイと捨ててしまった(ノ・_・)ノ
((((((●
 いいんかいな(^-^;
 そして施設を出る時に領収書を受け取ったのだが、そこに書かれている文章に笑ってしまった。
「もしこの料金に不服がある場合は、7日以内に市長に異議申し立てをして下さい。」 
 
 NTT東日本から、やっと契約した通りのADSLモデムが届いた。
 もともとは在庫が無くて、代わりにルーターを送ってきたのだが、事前になんの連絡も寄こさずにルーターに「在庫が無いので代わりにルーターを送りました。」という手紙を付けて寄こしたのだ。
 確かにモデルよりルーターの方が機械の性能としては上だが、それにしたって普通の企業なら、「代わりの物でよろしいでしょうか」と尋ねるもんだと思うのだが、「良くなってるんだからいいでしょ」という客を客とも思っていない客商売の態度はいかがなものか。
 ルーターを送り返すための着払い伝票を寄こしたのはYAHOO!BBよりはマシだけど、やっぱり送り返す手間もめんどくさくて嫌(笑)
 夜になって、おやこ劇場の事務所へ。
 今年の子どもキャンプの実行委員になったメンバーの中にキャンプが未経験の高校生がいると言う事で、昨年のキャンプの様子を収めたCD-ROMを届けた。
 実行委員会の三役も来ていて、映像資料などを観た後でキャンプの説明を新人のメンバーにしていたのだが、ちょっと堅苦しくて心配。
 「信用と信頼は違う」とか、「実行委員は友達の寄り合いじゃないから、仲間作りをする事が大事」など、それは確かに正論だけどそれだって三役の人たちは“体験”していく事で何年かの間に学んでいったはず。
 同じ轍を踏ませたくないという親心みたいなものだろうが、これから体験していく高校生たちに、むしろプレッシャーをかけてしまっているのではないだろうか。
 どうやら、すでに始まっている実行委員会の会議がオシャベリが多かったりして思うように進行していないことが原因であるらしい。
 しかし、完璧を目指せば目指すほど失敗した時の挫折感は大きく、また失敗に対する対処も適切で無くなる事がある。
 私としては、もっと肩の力を抜いてもらいたいと思う。
 肩の力を抜きっぱなしの私が言う事ではないが(苦笑)
6月14日(土)/2003年
 読売新聞に、『ネット心中』の記事が載っていた。
「ネットで結ばれた“悲劇”の連鎖を断ち切らなくてはならない。」と書いてあったが、どこを悲劇と捉えているのかは疑問。
 全ての事件を検索した訳ではないが、ネット心中を図った人たちは「思いつめて」というより、他に「思いが及ばず」に死を選んだように思える。
 だとしたら、死ななければならない程の“悲劇”に見舞われたとは思えない。
 その場合は、たいした事のない悩みで死を選んだ事が“悲劇”だと言うのだろうか。
「死にたい」と言う思いを共有できる人たちと出会って死ぬ事ができたのなら、ずいぶんと恵まれていて幸せそうだなぁと私は思うのだが。
 それに自暴自棄になって、望んでもいない他者を傷つけたり殺すような輩もいる。自殺者の遺族は悲しむとしても、理不尽に殺される被害者がいないだけでもマシであろう。
 自暴自棄になって人を殺す前に、ぜひ進んで自殺してもらいたい。
 石原行革担当大臣が熱心に“コンビニでの医薬品販売”を唱えている模様。
 5月13日(火)の日記でも書いたが、コンビニでの販売には問題点がある。
 賛成派はやたら「副作用の少ない大衆薬を」と言っているが、この「副作用の少ない」というのがクセものなのだ。
 ハッキリ言って、一般に薬局や薬店で販売されているOTC薬は、確かに重大な副作用を起こす物はそうは無い。
 問題は、あくまで患者さんの利用の仕方なのだ。
 例えば、会社に行く途中や登校拒否をする子供たちに起こるストレス性の下痢などは、最近でこそ原因がストレスだと認知されてきている。
 しかしまだ、ストレス性の下痢というものが知られていなかった頃には、患者さんの中には整腸剤を購入して毎日のように服用している人がいた。そして症状が悪化して重篤な胃腸障害になってしまい、裁判沙汰にもなった。
 だが、その頃は医薬品メーカーも、まさか整腸剤を“毎日飲む”人がいるなどとは想像していなかったのだ。整腸剤は、あくまで一時的な対症療法として服用するために開発されたのだ。
 もしコンビニで薬が買えるようになったら、確かに便利ではあるが、誰がどうやって服薬指導をするというのか。
 現在の議論は、いわば「服薬指導が不要な薬は認めよう」という事のようだが、私からすれば服薬指導が不要な状況というのが思い浮かばない。
 もし風邪の症状を起こしていてコンビニで風邪薬を買い、風邪ではなかったらどうするのか。今はSARSが話題になってるから風邪が長期化すれば病院に行ってくれるかもしれないが、誰かが声を掛けなければ気がつかないなんて事もありえる。
 胃薬にしたって、胃薬をコンビニで買って少しは症状が良くなるからと買い続けて、他の病気を見逃す事になったらいったいどうするのか。
 コンビニで薬を購入する人には、3つのパターンがあると推測する。
 1つは面倒臭がり屋。薬局などで買うと症状などを質問されたりするのでそれが嫌だという人。自分の健康にも関心が無いような人は私としても治してあげたいという気持ちは皆無なので全然かまわない。
 もう1つは、あくまで緊急で一晩過ごせれば後でちゃんと治療しようという人。24時間営業の利点はまさにここにあるので、これはいた仕方ない。
 もう1つは、あくまで手軽に購入できるから買ったとしても、できればちゃんと治療したいと思っているものの、ついつい、やはり手軽な方を選んで買ってしまう人。
 2つ目の人は日を改めて薬局に相談に行くかもしれないとしても、3つ目の人は何かキッカケが無ければ自分から薬局に行く事は無いだろう。
 1つ目の人は助ける気も毛頭無いが、3つ目の人は出来れば助けてあげたい。
 コンビニの店員が果たして、そこまで患者さんに目を向ける事が出来るのかどうか。
 賛成派には、そこまでの想像力を持ってもらいたいのだが。
 まぁ、私はどこで薬を売ってもかまわないと思っている。
 最終的には、患者さん自身が自分の健康にどれだけ拘りを持つかどうかだろう。自分の健康を取り戻すのを面倒臭がるような人は、末永く病気と仲良くすればよろしい。世の中には、どんなに努力しても病気と縁を切れずに苦しんでいる人がいるのだから。
6月15日(日)/2003年
 今日はSEのコンベンションである。
 http://www.snake-eyes.gr.jp/
 一般参加者を出迎えるためにJR八王子駅の改札口に行くと、すでに数名が待っていた。
 この様子だと今日は参加者が多いかと思ったが、会場に到着すると予想より少なかった。会場費を賄いきれんぞ(苦笑)
 一方でGMを希望する人が多く、ゲーム卓の振り分けが難航。結局、2名のGM希望者にはPLとして参加していただく事になった。申し訳ない。
 ゲームが開始して私は受付で事務作業をコツコツと。
 すると、スタッフからから参加者の1人が体臭が強いのではないかとの申告があった。
 確認のために該当者に近づいてみたが私には良く分からない。鼻炎のせいもあるかもしれない。
 そこで、他のスタッフにも確認を要請。しかし、そのスタッフも特別に体臭が強いというのは確認できなかった。
 会の方針としては、不潔な格好での参加はお断りしている。
 しかし見たところ、特別に不潔な格好をしてはいない。髪は刈り上げてるし、Tシャツやジーパンも汚れてはいない。あくまで、体臭だけである。それも全スタッフが確認したわけではない。
 制汗スプレーを貸してはどうかという意見が出たが、他の参加者の前でそれをするのは反対だ。せめて、呼び出してお話するべきだと私は主張した。
 しかし、呼び出す方が本人にとっては屈辱ではないのかという意見も出た。
 そもそも体臭をどこまで問題にしていいのか、私には疑問だ。
 服装に関してなら本人が気をつけるべきことだが、体臭は体質の問題もある。私も汗かきの方だが、見た目が不潔そうになるから汗は流さないようにと言われたとしたら困ってしまう。
 同じような事だと、フケなんかもそうである。一般的にフケは不潔と思われているが、実際には体の代謝に異常が起こると、皮が剥けやすくなる。つまり、不潔にしているとフケは出るが、フケが出るから不潔とは限らない。
 スタッフからは、「俺たちは医者じゃないんだから」と参加者の体質の事にまで配慮する事はできない旨の事が出たが、それならむしろ追求するべきではない。
 しかし議論はエスカレートしていき、吹き出物などの事まで話が及んだ。
 吹き出物なども見る人に不快感を与えるから完治するまでは人前に出るべきではないというようなものだ。
 “バリアフリー”という概念がある。障害者と健常者のあいだの壁を取り払い、ごく普通に生活できる環境を整える事だと思って間違いないだろう。
 今の日本では、まだまだ障害者が生活しにくい環境なため設備などを充実していく取り組みに重点が置かれているが、私は行きつく先は障害者と健常者が「お互いに譲り合う」社会にするべきだと思っている。
 どういう事かと言うと、例えば健常者は障害者に道を譲ったりするべきだし、障害者もまた健常者に迷惑をかけないように気を使うべきだという事だ。
 こういう事を言うと、すぐに「けしからん!」と怒る人がいるが、私自身も障害者たちと付き合ってきた中で感じた事だ。とかく障害者を庇おうという人たちは、まるで障害者を聖人君子かのように思い込んでいるがとんでもない。同じ人間である。当然のように、人としてどうなんだと問いたくなる嫌な障害者もいる。
 都合の悪い時だけ聞こえないフリをする聾唖者とか(都合の良い事にはちゃんと返事をする)、やたら命令口調でアレしろコレしろと言いお礼などいっさいしない四肢の不自由な人などなど。
 同じ人間だからこそ、お互いに助け合い、お互いに譲り合わなければならないと私は思う。
 で、話を戻すと、体臭が強いのは確かに迷惑だが、じゃあだからといって排除して良いのか。基準はどこに置くのか。
 とにかく、体臭が強いという理由だけで参加者に不愉快な思いをさせるのには断固反対した。
 しかし、臭いと感じたスタッフの申告も無視できない。
 そこで、該当者が受付の前を昼食などで1人で通った時に声をかけてみるという事になり、その任を私に任される事になった。うう~(^-^;;;
 かくして私の前を通った時に、「今日は暑いですから制汗スプレーはいかがですか?」と勧めてみた。
 コレだって、相当にイヤミだよなぁ……。
 すると相手は「いえ、結構です」と断ってきた。
 あうー、せめて事情を理解してくれ~。
 ここで断られたら、貴方を庇った私の立場が無いのよー。庇いきれなくなっちゃうんだよ~。
 しかし結局断られてしまい、私の玉砕となった。
 ハァッ=3
6月16日(月)/2003年
 眼帯を仕入れたら、箱のデザインが変わっていた。
 まだお店には前のデザインの物があるので困ってしまう。
 入れ歯洗浄剤のポリデントも箱の色使いが変更。
 在庫と一緒に並べておけない。
 困ったなぁ……σ(^◇^;)。
 春風亭柳昇死去の報。享年82との事。(享年○○歳と書いたら、享年○○と書くのが正しいと某氏より指摘された。)
 82歳となれば天寿とも言えるが、死因は胃ガンだったらしい。
 私は落語家としては、アニメ監督の知吹愛弓氏の父親として知った。
 自分の息子の作品の宣伝のためにビデオ出演したさいには、「面白いのは私の落語です」と仰っていたのがなんともトボてて面白かった。
 実際の落語を生で観れなかったのが残念無念。
 念のため知らない人のために書いておくと、師匠の持ちネタは「春風亭柳昇と言えば、今や世界に私1人だけでありまして……」というもの。
 今日も今日とて、無水アルコールを求めるお客さんが来店。
 問屋さんからは、「よそのお店では売ってますよ」と言われてはいるのだが、ホントに安全性は大丈夫なのかね。
 今日のお客さんには、「誰か試した事のある人に話を聞いてからでも遅くはないと思います」とお話ししたところ、もう少し考えてみますと帰っていった。
 1本500mlだから、使い切るのに半年以上はかかる。
 そんな根性のある人が果たしているのかどうかも疑問ではある。
 しかし、計算してみると確かに売らなかったのは損かもしれない(苦笑)
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ 感想や健康相談はコチラへ ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪
http://www111.sakura.ne.jp/~kitazono/bbs_kitazono.htm
■■■■■■■■■■■□免責事項□■■■■■■■■■■■
 記載内容を利用して生じた結果につい
て、当方では責任がとれませんのでご了承ください。
 また、筆者が思った事や感じた事を率直に書いている事柄に関しましては、反証可能な事実誤認以外の訂正には応じられません。
 URLで紹介した先のページの著作権は、そのページを作成した人にあります。URLを紹介する事に違法性はありませんが、文章等を転載する場合は、作者の許諾が必要となります。
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& 趣味の活動 &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
◆TRPGのサークルに所属しています。
 卓上ゲームが好きな人や、興味のある方は覗いてみて下さい。
 また、『コミュニケーション』のコーナーでWEBラジオ番組『幻想時間』を公開しています。
 私は主に、映画についてトークをしています(・v<)
 http://www.snake-eyes.gr.jp/
-------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行しています。
 解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000109927.htm から。
-------------------------------------------------------------------

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート