同じ薬を家族で共用するより個々人で適応する物を

 喉風邪のための置き薬を求めて、お客様が来店。
 以前には『ベンザブロックL』を服用していた事があるそうで、『ベンザブロックLプラス』との違いを質問された。
 成分を確認すると、プラスの方にはL-カルボシステインが加えられているため、去痰の効果が期待できますと説明した。
 そのうえで、急性症状でもある風邪に用いる薬は、2日服用して改善しなければ症状や体質に合っていない可能性があるため薬の乗り換えを検討する必要が有る事と、同じ薬を家族で共用するより個々人で適応する物を選択するのが良い事をお話した。
 特に、同じ薬を共用というのは、年令や性別などはもちろん、たいていは昼食は違う物を食べていたり、外出等で運動量も違ったりするのだから、むしろ共通性を見い出す方が難しい。
 今回は、お客様の体格がガッシリ型な事もあって、『ルルアタックEX』を勧めて、お買い上げ頂いた。

 『トラフル錠』を購入された口内炎のお客様に、口内炎は胃の不調が原因である可能性が高いため、繰り返すようでしたら『半夏瀉心湯』を試してみるよう勧めた。
 また、キュウリやトマトなどの夏野菜は胃に負担をかけてしまうので、口内炎が起きている間は避けるよう、お話した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート